お金

月収30万円の40代が3300万円貯めることができたワケ

 人生100年時代の到来とともに飛び交う「老後資金は3000万円説」。その数字を耳にするたび「絶対無理!」と頭を抱える人も少なくないはず。だが、投資で大儲けしたわけでもなく、親が富裕層なわけでもなく、普通の年収ですでに3000万円を貯蓄した猛者たちがいる。彼らはどのようにして老後の安心を手に入れたのか!?
3000万円貯める方法

大好物のアイスの代わりに業務用のきなこに砂糖とゴマを混ぜて、タッパーで保存。これで1週間分のスイーツが完成だ

セミリタイアに向けて150円のアイスも我慢!

 年収500万円ながら、妻と小学生の子供2人を養いつつ、貯蓄3300万円を達成したのがSEとして働く高岡昭雄さん(仮名・44歳)だ。その貯蓄体質の発端は、幼少期にさかのぼるという。
3000万円貯める方法

高岡昭雄さんの3000万円への道のり

「父が銀行員で、貯金箱の金額と小遣い帳の収支がずれると小遣いが凍結されるほど厳格な家庭でした。そのせいか、幼い頃から無駄にお金を使った記憶がありません」  その反動で大学入学後にブランド品を買い漁ったり、遊び回った時期もあった。だが「カネを使ってもモテないヤツはモテない」と悟り、緊縮財政へ舞い戻ったという。 「社会人になってから月収の半分以上は貯蓄し、結果、30代で自宅を購入、完済しました。ランチは唐揚げと白米を弁当箱に詰めて終了。子供の服もメルカリだし、スマホは格安SIM。小遣いも月に数千円で済ませています」
次のページ 
唯一のストレス解消法は甘いものを食べること
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット





おすすめ記事