恋愛・結婚

パパ活で悲惨な体験をした女性たち。安く利用され、妊娠も…

 この数年で一気に広まった「パパ活」。したたかに稼ぐコもいれば、男にいいように利用されるだけのコもいる。今回は、社会現象となっているパパ活で悲惨な体験をした女性たちに迫る。
パパ活

※写真はイメージです

玄人パパに利用されるだけで稼げないコたち

「ウチ、母子家庭でお母さんに負担かけたくないから……。お食事で5000~1万円くらいで継続的に会ってくれる人が理想ですが……」  九州アクセントが残る口調でそう語るのは、齋藤飛鳥似の大学2年生、ミサキさん(20歳)だ。  彼女は現在、パパ活サイトで出会った中年男性3人と定期的な体の関係にある。そう聞けば、そこそこの稼ぎはありそうだが……。 「エッチしても、食事デート以上のお金はもらっていないんです。母子家庭で育ったせいか、中年の男性といるとすごいホッとする。父性に飢えているんですかね。初体験の相手も今会ってるパパのうちの一人だったし。ちゃんとしたレストランとか連れてってもらえるとテンション上がっちゃうし、ホテルに誘われたら断れない。お手当の増額を切り出すと、もう会ってくれなくなりそうで怖くてできません……」  そんな調子なので、週1回のペースでパパと会ってホテルに泊まっても、月のパパ活収入は4万円程度。「私、完全に“やられ損”ですよね」とミサキさんは言う。  一方、埼玉県在住の木下優樹菜似のフリーター、エミさん(22歳)はパパ活サイトで一回3万円で大人の関係の相手を募集しているが、悲惨な目に遭い続けている。 「パパ活を始めて半年ほどたったころ、妊娠が発覚したんです。相手は自称『パイプカット済み』という男です。アソコの付け根にある傷のようなものを、手術痕だと言う男の言葉を信じて、ずっと中出ししていたら5回目くらいで妊娠してしまった。当時はほかに関係している男はいなかったので彼が父親で間違いはないんですが、妊娠を告げたらラインはブロックされて……」  それに懲りたエミさんは、その後はパパには必ずゴムをしてもらったという。しかし、2度目の妊娠が発覚する。 「同時並行で会っていた3人のパパの誰かがこっそりゴムを外していたようで、昨年11月に2度目の妊娠。しかもクラミジアのおまけつき……。誰が父親なのかは結局、わかりませんでした」  中絶費用は合わせて35万円ほど。2度目の妊娠発覚までに約80万円のパパ活収入があったという彼女だが、その半分近くを失ったことになる。無論、金銭的損失以上に彼女が心身に受けた傷はさらに大きいはずだが、彼女は今でも一回3万円で、妊娠・中絶による損失を取り返すべく、パパ活という名の売春行為に勤しんでいる。
次のページ 
65歳以上の高齢者と会ってもほぼ介護状態
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事