ニュース

AbemaTV「月収300万円のメンズエステ嬢」が同業者の間で炎上。真相は?

 さまざまな仕事の収入の実態を追うAbemaTVの番組「給与明細」で、4月22日に放映された第47回「癒しと興奮で欲望を満たす メンズエステに潜入」が話題となっている。

 メンズエステの仕事内容を実体験しつつ、カリスマセラピストの収入額にも迫るといった内容だ。

AbemaTV

AbemaTV「給与明細」公式サイトより

 メンズエステとは性的サービスは行わない代わりに、密着マッサージやエッチな雰囲気など「ギリギリのエロス」を楽しむマッサージ店のこと。風俗よりもハマるという男性も多く、風俗に抵抗のある女性たちも気軽に働けるという点で人気が高い。

 番組では、メンズエステで月収300万円を売り上げるセラピスト「星月まゆら」氏が登場。タイ古式マッサージなどの経験を生かした多彩な密着技が人気の秘密といい、実際の施術風景も公開された。

 一体どのようにして月収300万円を達成しているのか?

 星月氏の在籍店が求人案内で公開している給与体系では、

60分 5000円
90分 7500円
120分 10000円
延長30分 2500円
指名料1000円、オプションがついた場合は2000円~3000円となっている。

 この料金体系から月収300万円を達成するには、少なくとも最も単価の高い120分10000円にオプション代を加えた13000円のみに絞る必要がある。

 そして、仮に一日で6人12時間フル回転した場合、78000円。それを前提に30日フル勤務させても234万円の試算だ。その上で星月氏は「チップで10万円くれる客がいる」というため、それを常時最低6人は確保していることになる。

 チップをあくまでイレギュラーなものと考えると、施術だけで稼ぐのであれば1日8人14時間接客で日給10万4000円×30日で312万円。客が帰った後の部屋の清掃やインターバルを最低10分と考えると10分×7回で70分を加算し、1日に約15時間労働となる。

メンズエステ さらに、星月氏は「メンズエステは副業」だというため、後の9時間で本業を行っていることになる。

 副業のほうが時間が長いのでは?という疑問はさておき、一体いつ睡眠を取っているのか。さすが、高収入は超人的な体力と勤労意欲の賜物と言えるだろう。

次のページ 
「アスリート並の体力」「裏引きしても無理」と同業者からは疑いの声も……

1
2





おすすめ記事