恋愛・結婚

なぜ売れない芸人でもモテるのか。ファンにタカるクズ芸人の手口

 お笑い芸人といえば、モテるというイメージがあるのではないだろうか。美人女優やアイドルと結婚したり、ずっと支えてくれている彼女がいたり……。
ゲス芸人

写真はイメージです

 また、一般的な知名度は皆無に等しい芸人でも、熱心なファンがいることも多い。

ファンはATM的な存在と話すゲス芸人

「自分にとって、ファンは“お小遣い”。ATMには遠いけど、多少の金ならねだれる存在ですね」  そう言って笑う、事務所には所属していない、フリーの若手ピン芸人だというK。モデル体型で、顔は中性的なイケメン。本人いわく、「無名だけど見た目のおかげで」ファンは何人もいるという。しかし、Kの求めていたファン像とは違った。 「周りの芸人は、ハタチ前後からアラサーぐらいの年齢のファンが多くて。芸人によっては、ファンに貢がせたり、カキタレ(体だけの女)にしたりしてたんです。それがうらやましかったんですよね。でも、自分のファンは、高校生ばっかりで。下手に手を出すわけにはいかないし、何よりも、貢いでもらえないじゃないですか」  身勝手極まりない考え方だが、Kは悪知恵を働かせた。
ゲス芸人

「昔DMで自分たちがやり取りしたときのスクリーンショットです。よかったら記事に使ってください!」とKから送られてきた画像

「自分みたいな売れない芸人は、ライブに出させてもらう立場なんですよ。客がそこそこ入るライブに出演する場合は、きついチケットノルマがあって。そのノルマの金は痛いし、たくさんの人に売るのはしんどかった。だから、高校生のファンたちに、そのチケットをさばかせるようにしたんです」  だがKのファンたちは、それによって何かメリットはあるのだろうか。 「ファンにとってのメリットは、自分から特別扱いされることでしょうね(笑)。オキニ(お気に入りのファン)になりたいがために、みんな頑張ってくれます。自分がファンにチケットを何枚も買わせて、ファンはそれをさらに友達に買ってもらう、みたいな。誰も買ってくれる人がいないときは、ファンが金を損するだけなんで、自分は何も痛くないんです」
次のページ 
後日、Kから驚きの連絡が…
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事