ライフ

『杵屋』の「彩りうどん」900円が豪華すぎる。海老天、揚げ、卵焼き…

 気軽に立ち寄れてサクッと一杯。一昔前に比べて街のあちこちで見られる「うどんチェーン」。近年はその個性も細分化、仕事帰りの晩酌にだってバッチリ使えてしまうのだ。今回は『杵屋』の魅力に迫る。
うどんチェーン完璧ガイド

『実演手打うどん 杵屋』

ゆったりしたテーブルと椅子でうどんをリッチに

【実演手打うどん 杵屋】――’71年、奈良県奈良市に実演手打うどん杵屋1号店を出店、全国110店舗以上に展開。讃岐の伝統的な手打ちうどんの技法を取り入れ、だしは関西風の薄味。店頭ではうどん打ちの実演シーンが見られる。 =====  “浪速のうどん”を提供し続ける「つるまる饂飩」と同じ関西風とはいえど、よりあっさりした「京風うどん」に類するチェーン店。  本社は大阪にあり、「杵屋」のほか、より讃岐風に寄せた「麦まる」や、蕎麦、とんかつ、牛タン、タイ料理に至るまでさまざまな形態の店舗を展開している。
うどんチェーン完璧ガイド

きつねうどん591円+税

 最安値のうどんが「きつねうどん591円+税」で500円を超えるのは、他のうどんチェーンより高く見えるが、これにはカラクリが。そもそもかけうどん(関西風に言えば素うどん)が存在しないのだ。きつねうどんも、お揚げは、トッピングとして210円(+税)で提供しており、仮にかけがあれば400円を切る低価格だともいえる。  好みのトッピングもいいが、既存メニューのお得度がそれを上回る。「彩りうどん」に入るのは、海老天、揚げ、卵焼き、梅干し、わかめ、大葉天……。どれほど豪華かは、自ら味わってみてほしい。
うどんチェーン完璧ガイド

彩りうどん(819円+税)


<おすすめメニュー>

●豪華すぎる彩りうどん(819円+税) ●とんかつ(210円+税) トッピングの「とんかつ」はなんと210円(+税)!天ぷらなども豊富な取り揃え
うどんチェーン完璧ガイド

とんかつ(200円+税)

●最安値うどんは[きつねうどん591円+税] 厳選された油揚げを店で丹念に炊き上げている。うどんはシコシコ うどんチェーン完璧ガイド

杵屋の通信簿

【無料調味料、トッピング】 柚子七味唐辛子、ごま 麺のコシ/かたい ■■■■□ やわらかい だし/濃い ■□□□□ 薄い メニューの種類/多い ■■■■□ 少ない ちょい飲み/しっかり飲める ■■■□□ 飲みには向かない コスパの良さ/お得 ■■□□□ まあまあ ※客単価は高く、店構えはテーブルが基本の“ごちそうユース店”。ただ、うどんのトッピングをツマミにちょい飲み利用も可能。 <取材・文/週刊SPA!編集部>
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事