エンタメ

飯豊まりえ主演映画『シライサン』 。ホラー漫画家が描くコミカライズ版の試し読みスタート

 飯豊まりえ主演、乙一こと安達寛高監督の完全オリジナルストーリーである 映画『シライサン』が、2020年1月10日(金)に全国公開を果たす。  映画の公開に先立って、『シライサン』の恐怖に包まれた高校を舞台に青春ホラー劇を描くコミカライズ版『シライサン ~オカルト女子高生の青い春~』(原案:乙一 漫画:崇山 祟/発行:株式会社扶桑社)が、11月28日(木)に発売される。

“シライサン”の恐怖をマンガでも…。発売記念として、試し読みを提供!

『シライサン ~オカルト女子高生の青い春~』(原案:乙一 漫画:崇山 祟、発行:株式会社扶桑社)

 乙一氏は自身の著書『くちびるに歌を』(中田永一名義)など、数多くの作品で映像化を果たしており、映画『シライサン』では、初の長編映画の監督・脚本を務めている。今回、乙一氏が生み出した『シライサン』の恐怖の世界観を軸に、デビュー作『恐怖の口が目女』がホラーマニアの熱狂的な支持を得て話題を呼んだ気鋭のマンガ家・崇山 祟氏が、“シライサン”という謎多きテーマを壮大に深彫りしていく。    漫画を担当した崇山氏は「乙一先生いわく『好き放題暴れてください』。そこで私は学校で地味な、読書と空想が好きな女の子の青春ものを描きたかったのもあり、ホラーとミックスしました。ホラー漫画でありながら、目立たない生徒たちの青春物語になりました」と語っている。

『シライサン ~オカルト女子高生の青い春~』より

試し読みはこちら

映画『シライサン』予告編


 映画『シライサン』と併せて、存分に恐怖を味わっていただきたい…。 *********************

<書誌情報>

■漫画:『シライサン ~オカルト女子高生の青い春~』

・あらすじ オカルト趣味だけが生きがいで、学校では「空気」のように目立たない女子高生トリコ。彼女は古書店で見つけた本に載っていた“シライサン”の伝承のとりこになる。ある日、同じクラスの“イケてる男女”にシライサンの内容を身振り手振りを駆使して披露する。すると後日、彼らは次々と謎の死を遂げていく。トリコはオカルト部を結成し、シライサンの呪いに立ち向かおうとするが……。 原案:乙一 漫画:崇山 祟 発売日:2019年11月28日 定価:本体900円+税 頁数:224頁 発行:株式会社 扶桑社 *********************

<映画情報>

映画『シライサン』 2020年1月10日公開 Ⓒ2020松竹株式会社

映画『シライサン』 2020年1月10日公開 Ⓒ2020松竹株式会社

映画;『シライサン』 出演:飯豊まりえ 稲葉友 忍成修吾 谷村美月 染谷将太 江野沢愛美 ほか 監督・脚本:安達寛高(乙一) 配給:松竹メディア事業部 公開:2020年1月10日(金) 全国公開 公式HP:shiraisan.jp 公式Twitter:@shiraisan_movie <文/SPA!広報マン>
シライサン ~オカルト女子高生の青い春~

マンガでも『シライサン』の恐怖を味わってみては…。

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事