恋愛・結婚

恋人を捨てベンチャー社長との結婚を選んだ女の末路。わずか半年で…

元彼女は結婚後、わずか半年で離婚

 これで2人の関係は完全に終わったはずだったが、その1年後に彼女から結婚式の招待状が届く。新郎は自分から乗り換えたベンチャー企業の社長だ。 「自分から捨てた元彼氏に招待状って、最初は何かの嫌がらせかなと思いました。けど、しばらくして彼女からLINEが来て、かなり必死な感じで式への参加をお願いされたんです。さすがに祝福する気にはなれない、って話したら渋々諦めてくれましたけどね」  その後、彼が友人から聞いた話によると、彼女がお金目的で航さんから別の男性に乗り換えたことを知った友人たちが「ありえない!」と非難。この彼女、学生時代から人の彼氏を横取りするなどの余罪がいくつもあったそうで、ほとんどの友人からそっぽを向かれてしまったことを知る。 「自分の女性を見る目のなさに情けない気持ちでいっぱいですが、今では感謝の気持ちでいっぱいです。もし結婚していたら、絶対不幸になっていたでしょうから」 花嫁イメージ なお、彼女は結婚して半年ほどで離婚。人づてに聞いた話によると、式では新婦側の参列者が少なく、会場がちょっとざわついていたそうだ。 「それがきっかけかはわかりませんが、相手の方も彼女の本性を知ったのかもしれませんね。復讐とかしたわけじゃないですけど、離婚したって話を聞いて少しだけ気持ちが晴れました(笑)」  収入などの経済力も結婚するうえで当然必要だが、それだけを求めすぎるのも問題かもしれない。<TEXT/トシタカマサ>ビジネスや旅行、サブカルなど幅広いジャンルを扱うフリーライター。リサーチャーとしても活動しており、大好物は一般男女のスカッと話やトンデモエピソード。4年前から東京と地方の二拠点生活を満喫中。
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠