デジタル

au Payのポイント争奪戦争が激しすぎる。会社員が気をつけるポイントは?

20%還元キャンペーンで何を買うか?

疑問

※画像はイメージです

 もちろん、au Payが規約変更を実施する可能性はある。仮に「1日あたりの還元上限6000ポイント」が「2000ポイント」になったとしたら、10億円のパイが減る速度は変わってくるだろう。そのようなシナリオを見越した上で、筆者は以下のことを提唱したい。  今欲しいものの中で、5000円~1万円で購入できるものをリストアップしてみよう。  いつでもポンと出せるわけではないが、熟考するまでもない程度の額の商品と言い換えればいいか。au Payの現状の規約では1日3万円分の決済にポイントが付くとはいえ、平日に休めない会社員がキャンペーンのためにそこまで買い物をする必要はない。  1万円以内で買えるものを見つけたら、あとは月曜日に空き時間を見つけてau Pay対応店に駆け込む。家電量販店で7000円のワイヤレスイヤホンを購入した場合、1400ポイントが還元される。  平日に出勤している人々がこの分野で「還元ガチ勢」や「せどり屋」に追いつくことは、まず不可能だ。それならば、気を付けるべきはポイントを求めるあまりにやらかしてしまいがちな衝動買いである。「無理をしない」ことが、何よりも重要だ。<文/澤田真一>
ノンフィクション作家、Webライター。1984年10月11日生。東南アジア経済情報、最新テクノロジー、ガジェット関連記事を各メディアで執筆。ブログ『たまには澤田もエンターテイナー
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
ハッシュタグ