ライフ

「デブなのにおしゃれな人」の着こなしはどこが違う?

 こんにちは、デブのデブによるデブのためのファッション&ライフスタイル情報を配信するウェブマガジン「Mr.Babe」編集長の倉科です。  前回はポッチャリ体型だからこそできるおすすめのカジュアルスタイルをご紹介しましたが、今回は特に大人なデブ諸氏にぜひおすすめな「ドレス系スタイル」を挙げていきたいと思います。  「Mr.Babe」が運営するオンラインサロン「BIG MAN’s LABO」のメンバーも40代前後の方が中心なのですが、「40代になると、アメカジ的なカジュアルスタイルばかりだと子供っぽいので、ジャケットを主としたちょっとオシャレなコーディネートを楽しみたい」と考える人が多いのです。  確かにちょっとしたパーティやイベントなどには大人なイメージで出席したいですよね。実はキレイめスタイルこそ、ちょっとしたポイントで体型を生かした「オシャポチャメンズ」なコーディネートが可能なので、実例をご紹介します。

STYLE1 ポッチャリ体型にフィット率No.1の「ハーフパンツ」

 言わずもがなですが、ポッチャリ体型に相性バツグンの「ハーフハンツ」。ポチャメンのなかには真冬でもハーフパンツを履いている方も結構いるのです。もちろん夏は涼しいし、動きやすいので、デブ諸氏の間では人気のアイテムといっていいでしょう。しかし、大人のポチャメンとなると、Tシャツにハーフパンツではあまりにも軽すぎて、説得力にかけてしまいますよね。そういうときこそ「ジャケット」「ストール」などを取り入れ「オシャレなポチャメン」を演出しましょう!  Tシャツとハーフパンツの上にジャケットやストールを巻くだけで「キレイめポチャメン」ができあがります。このスタイルであれば、ちょっとしたパーティや家族での食事などでおしゃれなお店に行っても問題なし! ポッチャリお腹がポイントになり、かわいさまで演出できるまさにポッチャリならではスタイリング。革靴を履けばよりフォーマルに、スニーカーを選べばカジュアルめの調整も可能です。

STYLE2 カラージャケットでBIGボディに個性を!

 痩せている方が大きなストライプ柄や鮮やかな色のジャケットを着ると、ちょっと嫌味なイメージになってしまうことがあると思うのですが、「ポッチャリ体型BIGボディ」の方が着るとなぜかダイナミックさとかわいさが相まって好印象になります。「派手な色はちょっと……」という方! 自分が思っている印象と他人が思うイメージには違いがありますので、思い切って少し派手な色のジャケットに挑戦してみましょう。女性に「このジャケット、かわいい~」なんて言われたら、カラージャケットは病みつきになりますよ(笑)。  コーデのポイントは派手な色みのジャケットにはシンプルなインナーとパンツを選ぶ。さらに業界人のようなイメージにしたいときには「ハット」「チーフ」「ジャケットonセーター」などで遊んでみるのもいいと思います。

STYLE3 スタイリッシュ系ポチャ男は「シルバー×ブラック」

 やや上級的な着こなしに見えますが、シルバーとブラックの相性は誰が着てもしっくりくるのです。このスタイリングはカタイ企業でなければ仕事で着ていくこともありではないでしょうか。ポイントはパンツをデニム系のカジュアルパンツにすること。黒いスラックスを合わせてしまうとガタイがいいだけに「怖い職業の人」に見られてしまうかもしれませんので。  逆にデニムで合わせると「オシャレポチャ男」のようなイメージに着こなせると思いますよ。ちなみにネクタイをする場合には、ポップなデザインを入れるとさらに清潔感アップにつながります。
次のページ
大人の清潔感と冒険心を楽しむ「白パンツ×ジャケット」
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事