ライフ

タイの体温計がポンコツすぎる!新型コロナで深刻な状況も、ちょっと笑える…

タイ在住の日本人が困っていること

 元々リモートワークが多かったため、外出できないストレスはそれほどないと話すKさん。現在、懸念していることを聞いてみた。
モスバーガーはテイクアウトのみで椅子を2m間隔で空けているそうだ

モスバーガーはテイクアウトのみで椅子を2m間隔で空けているそうだ

市内のショッピングモール

市内のショッピングモール

「少し前に歓楽街が閉鎖されたときは、夜遊び好きな人達は『どうにか遊べる場所はないか』と抜け道を探してチョンブリーまで飲みに行っていたそうですが、それもあったせいか今はタイ全土が閉鎖されていますからね。食べ物はコンビニやスーパーで買ってきているのでそこまで困っていないのですが、光熱費などの支払いが困難になっている日本人は結構多いと聞きます。  タイ人みたいに口座振替ができないので窓口払いで、駐在員だと領収書も必要になってくる。銀行やコンビニで支払うのですが、デパートの中にコンビニが入っている場合はどうなるんだ?……という声も。営業情報が入ってこないので、在住日本人がSNSで拡散しても今日は開いていても明日には閉まるかもしれない。情報が錯綜されているので不安ですね。  それに日本系飲食店の閉店も多そうです。現地採用で働く日本人も収入がないので非常事態宣言が解除されたら帰国するという人も。あと、僕は仕事でパソコンを使うのですが、最近パソコンの調子が悪いんですよ。修理に出したいけれど、電気屋も閉まっているので、もし壊れたら仕事ができなくなってしまうというのが個人的には1番不安です……」  思わずツッコんでしまいそうな話もあるが、深刻なことには変わりないタイの現状。早く収束して笑い話になることを願いたい。<取材・文/カワノアユミ>東京都出身。20代を歌舞伎町で過ごす、元キャバ嬢ライター。裏モノ・夜ネタを主に執筆。アジアの日本人キャバクラに潜入就職した著書『底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる』(イーストプレス)が発売中。ツイッターアカウントは @ayumikawano
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白