デジタル

Amazonでの買い物にキャッシュレス・ポイント還元事業を活かす方法

 現在実施されている「キャッシュレス・ポイント還元事業」は、今年6月に終了する。残された時間は、あまりない。  ところが、現在は新型コロナウイルスの拡散に誰しもが悩まされている状態だ。100年ぶりのパンデミックは、あらゆる業種の店舗を休業に追いやってしまった。日常生活に必要なスーパーマーケットやコンビニエンスストアはともかくとして、いわゆる「不要不急の業種」に該当する店舗ではもはやポイント還元は見込めないのか? このまま6月一杯まで、還元事業は死に体で終わるのか?
オンラインショッピング

写真はイメージです

 そんなことはない。実店舗が閉まっているのなら、オンラインショッピングを活用すればいいではないか。

Amazon×ポイント還元事業

 オンラインショッピングといえば、Amazonである。  極端な話かもしれないが、Amazonさえ利用できれば外出する必要はない。世界中のあらゆるものが手に入る。だからこそ運送業のスタッフには敬意を払うべきだと筆者は考えるが、ともかくAmazonは今や生活インフラのようなサービスである。  実はAmazonでも、ポイント還元事業に参画している業者が商品を出している。まずはGoogleで「Amazon」「ポイント還元事業」と検索してみよう。すると、上位3番目に公式サイトの「キャッシュレス決済で5%還元」というリンクが出てくる。 google サイトに飛ぶと、画面上部の検索窓に「キャッシュレス決済で5%還元」というタブが付いているはずだ。
Amazon

赤丸で囲んだ部分に注目

 このカテゴリーを維持したまま、たとえば「マイク付きヘッドホン」と検索してみる。ちょうど、筆者はリモートワークをするためのヘッドホンを所望していたところだ。 Amazon 決して数は多くないとはいえ、マイク付きのイヤホンが検索にヒットした。ヘッドホンではないのは残念だが。
次のページ
Amazonギフト券にも還元
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事