仕事

バイト先の休業で40連休中の30代男性。貯金残高は1万円、家賃が払えない

 コロナ禍による職場の休業で、生活困窮者の増加が懸念されている。働いている都内の宿泊施設が休業したため働き口を失った30代男性は、4月上旬の勤務を終えてから既に40連休中だ。貯金残高は1万円余り、月々の家賃すら払えない状況に追い込まれている。
40連休中

アルバイト先がコロナ禍で休業となり40連休中の木村さん(31歳・仮名)

 当面の生活さえもままならず「コロナ禍がなかったら……」と落ち込むばかり。男性のSOSは届くのか。

訪日客減少で働く宿泊施設が休業、無職に…

木村さん

運動不足解消のために家の近所の公園で素振りをする木村さん

 シュッ、シュッ、シュ――。金属バットの風を切る音が、真夜中の公園に響く。木村光男さん(31歳・仮名)は黙々と20分余り素振りを続けると、額にうっすらと汗がにじんだ。「中学時代は野球部だったので、バットを振るのが好きなんです」と久々の運動に表情がゆるむ。  コロナ禍で外出自粛が続く中、誰もいない真夜中の公園が息抜きの場だ。運動不足解消のため、週2、3回続けている。 「バイト先でも1年半近く夜勤をしているので、昼夜逆転の生活に慣れてしまって」  明け方まで起きていることもしばしばだ。

預金残高1万円余りと生活困窮「コロナで今も実感湧かない」

雇用保険

4月から希望して勤務回数を減らしたところ、雇用保険から外れた

 働いている宿泊施設が休業となり、1か月余りが経った。職場の上司から休業中は別の仕事をしてほしいと懇願され、再開後にはまた一緒に働こうとも言われた。  木村さんは、収入が途絶えたのになぜ新しい仕事を見つけないのか。 「いつかやらなきゃと思っていたんですが、ぼんやりとしていたら1か月以上経っていました。コロナで今も少し実感が湧かないんです」  預金残高は1万円余り、月3万8000円の家賃は今月初めて滞納した。  社員と木村さんらアルバイト計8人が、定員約80人の宿泊施設を運営してきた。木村さんは知り合いの紹介で2018年9月からアルバイトを始め、深夜帯のフロント業務を担当。TOIEC760点の英語力を活かし、訪日客の対応をするのに欠かせない存在だった。オーナーの三重徹さん(35歳・仮名)はこう話す。 「(木村さんは)夜勤はなかなか担当できる人がいなかったため、ありがたかった。人見知りせず、誰にでもフランクに打ち解けてくれる姿は頼もしかった」(三重さん)  職場ではたびたび飲み会を開くこともあった。一緒に働いてきた木村さんの窮状に「なんとかしてあげたいけど、会社の厳しい経営状況を考えると難しいんです」と説明する。

2月からコロナで売り上げ減、春先の繁忙期も客足遠のき

漫画

木村さんの自宅には買い込んだ本が平積みにされている

 木村さんが働く宿泊施設には、既に2月上旬から新型コロナウイルスが影を落としていた。新たな予約を受けるよりも、キャンセル数が上回る事態。訪日客をメインターゲットにしてきた店にとって、影響は深刻だった。春先は桜を見に来る外国人客が利用するため、連日満員が続く繁忙期だ。今年は客足が遠のき、3月の売り上げは前年同月比80%減まで落ち込んだ。  家賃などの固定費だけで毎月数百万円が消える。店では営業を続けても売り上げが伸びないことを懸念した。親会社とも相談し、4月中旬には休業することを決めた。木村さんは4月6日の勤務が最後になった。
次のページ
頼みの綱は10万円給付。しかし…
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事