エンタメ

吉沢亮、本郷奏多、窪田正孝…イケメン俳優たちの驚愕の偏食ぶり

 特定の食べ物ばかり愛好してしまう偏食癖は、その程度の差はあれ多くの人が持っているもの。さまざまな話題作に出演している人気俳優の吉沢亮も、そのひとりだ。  吉沢が8月17日に放送された『しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話 合体SP』(日本テレビ系)に出演した際、公私ともに仲が良い俳優の柄本佑の口から、吉沢がコンビニで塩むすびを購入していることが明かされた。さらに、吉沢が自らおかずも買わずにただただ塩むすびを口にしていると話すと、スタジオからは驚きの声が上がった。  吉沢のほかにも、いわゆるイケメン俳優のなかには偏食家エピソードを持つ者が少なくなくない。今回はそんな独特な食へのこだわりを持つイケメン俳優4人を紹介しよう。

吉沢亮:塩むすびだけじゃない! シンプルすぎる食生活

 吉沢の食へのこだわりは塩むすびだけに留まらない。愛飲している飲み物は水で、蕎麦屋でもトッピングのないざるそばを注文すると、驚くほどにシンプルな食の好みの持ち主なのだ。  また、吉沢は先述の『しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話 合体SP』で、自身が憧れるイケメンとして漫画『ONE PIECE』の登場人物であるゾロの名を挙げていた。その理由について、生きることに必要なことしかしないスマートな生き方に惹かれると話していたことを考えると、シンプルな食生活も納得できるところがあるように思えるだろう。

本郷奏多:食事嫌い俳優の主食はグミとポテトチップス!?

 2020年の『麒麟がくる』(NHK)で大河ドラマ初出演を果たした本郷奏多も、その独特な食生活で注目を集めた過去を持つ。  2015年9月10日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演した本郷は、番組内で映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』で共演した俳優の水原希子から、全く食事を摂らないことが明かされる。それを受けて本郷は、食事は「異物を体内に取り入れる行為」であるという持論を語り、グミやポテトチップスを主食としていると話した。
ポテトチップス

ポテトチップスが主食!?(※写真はイメージです)

 その変わり者ぶりは大きな反響を呼び、同年11月に開催されたイベントで楽屋にグミやポテトチップスが用意されることが多くなったと話していた本郷。さらに、2016年9月22日にTBS系で放送された『櫻井・有吉THE夜会』では、調理過程で誰が触ったかわからないという理由で、ハンバーグを一番苦手な料理として挙げていた。
次のページ
ガリガリくんを愛する俳優も
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事