ライフ

おじさんがやると“イタイ髪型”はなに? 薄毛を隠すコツも

 ここ数年、男性美容への注目が高まっている。若い人はもちろん、30~40代の男性にも美容室やサロンに出向く人が増えているのだ。しかし、そこには年齢の壁がある。若者ならば様になるヘアスタイルをおじさんがやってしまうと……。
PERCUT・川口達也氏

PERCUT・川口達也氏

 今回は、男性専門美容室「PERCUT」の経営者・川口達也氏に、おじさんがやってはいけないヘアスタイルと、自分に似合うヘアスタイル探しのコツを教わる。

おじさんがやるとイタイ髪型は?

 オンライン会議が一般化してきたことで、自分の顔を見る機会が増加し、見た目を気にする男性が増えてきたという。変化にはリスクがつきものだが、イタイ髪型になってしまうことは避けたい。前出の川口氏は、30~40代の男性が避けたいヘアスタイルについて次のように話す。 「まず、長いのはイタくなりがちですね。なので短い方がベターです」
短髪

30代以降は、清潔感を意識した短髪がベター(画像提供:PERCUT 以下同じ)

 また、短く保つのはイタさを避けるだけでなく「一般的に、短い方がモテますよ。モテるモテないのポイントは清潔感なんですけど、短い方が清潔感が保ちやすいですからね」(同氏)とも。基準としてイメージしやすい有名人でいうと、俳優の田中圭より長くなったら長いと判断していいそうだ。
束感ヘア

若者の間で流行っている束感ヘアも、おじさんにはハードルが高い

 さらに、川口氏は続けて「極端なアシンメトリーなどの奇抜なスタイルも危険です。それから、若者の間で流行っている束感ヘアも、30~40代の方がやると、キメすぎてイタイと思われやすいです。年齢とともにもう少しラフでナチュラルにしていった方がいいですね」という。  大人度はナチュラルに宿るといったところだろう。

髪が薄くなってきたらどうする?

 30~40代の男性の中には、髪が薄くなってくる人も多いはずだ。薄毛は世の男にとって悩みの種であるが、川口氏は、それを隠そうとしてヘアスタイルを間違えてしまう人もいると話す。 「一番間違えやすいのは、残っている部分の毛量を残す方向性にいっちゃうパターンです。そうすると、薄い部分が強調されてしまって逆効果なんですよ。なので残っている部分も、短くしたりすいたりしてコントラストを減らしてあげるのがいいですね」
薄毛対策

薄毛対策は、薄い部分を強調しないヘアスタイルが◎

 確かに、街中でもこのパターンの人を見かけることがある。まさに今、薄毛に悩んでいる人はこのパターンに陥っていないだろうか、今一度、自身のヘアスタイルを省みて欲しい。  続けて同氏は、薄毛が気になりはじめた人が、まずやらなくてはいけないケアについて教えてくれた。 「お風呂上がりに、髪を乾かさない人は禿げやすいです。濡れたまま放ったらかしたタオルが臭くなるのと同じで、頭皮に雑菌が繁殖するんですよ」  すでに気になり始めているひとは、どんなに酔っ払って帰っても、風呂に入って髪を乾かすように心がけよう。
次のページ
美容室でカッコつけてはいけない理由
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事