恋愛・結婚

“夫の手料理”を自作自演でインスタ投稿していたら、意外な反応が…

“夫の手料理”を自作自演で投稿

 さっそく紗奈さんはインスタに「たまに夫が作ってくれるおにぎり。お味噌汁も最高。ごちそうさまでした!」とおにぎりとお味噌汁の写真をアップしました。 「すると思いの外反応があって『いいな~!美味しそうだね』や『うちのヤツなんてお湯すら沸かしてくれないのに…』など皆にうらやましがられて気持ち良かったですね!まぁ、自作自演なのですが(笑)」  それがクセになった紗奈さんは、定期的に“夫の作ってくれた料理自慢”投稿を続けました。 「私がKに作って欲しいものって何かな?と想像しながらナポリタンや、クリームシチュー、炒飯などの写真をアップしていたんですよ」  そんなある日、何の気なしにインスタを見ていたら以前職場が一緒だったM菜さん(30歳・既婚・一児の母)の投稿に目が止まりました。

自分きっかけの知人の投稿で自作自演をやめた

「『夫に料理を作って欲しいと頼み込んだら、コレが出てきた。友達の旦那さんみたいに、手の込んだ料理じゃないし、見た目もイマイチだけど…作ってもらえたってだけで本当に美味しく感じる。娘も大喜び』ってサッポロ一番みそラーメンの写真をアップしていて」  ドンブリに無造作によそられたラーメンには、ぶかっこうな卵とハムが乗っていて、刻みネギがパラっとふりかけられていて…。 スマホ 女性「それが子供の頃、土曜のお昼に母親が作ってくれたラーメンみたいな感じでめちゃくちゃ美味しそうだったんですよね。私がインスタ映えを意識して作った料理とは全く違う温かみがあって」  きっとそこに書いてある「友達の旦那さん」というのは自分の投稿にある夫の事だなと思った紗奈さん。 「本当に旦那さんが作ってくれたラーメンを見ていたら、作ってもらえた振りをしていた自分が物凄くみじめに思えてきて、もうこんな事やめようと思いましたね」  そして紗奈さんには、ひとつ目標が出来たそう。 「やっぱりどうしてもKに、あの鮭と白胡麻のおにぎりを作ってもらいたくて…いつの間にか広がってしまった心のミゾを埋められるように、Kと積極的にコミニュケーションをとるようにしています」 「もしKがおにぎりを作ってくれたとしても、もうインスタにアップしようとは思いませんね…」と苦笑いをする紗奈さんなのでした。  次は、最近大食いYouTuberになったH美さんのエピソードです。
次のページ
夫には絶対バレたくない非日常時間
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事