ニュース

「早くワクチンを」と言う小池都知事に怒りの声「予約とれないよ」「マリー・アントワネットか」

 オリンピックが盛り上がる一方、全国的に新型コロナのデルタ株が猛威を振るっています。東京では8月18日には、新規感染者数が1万人に達するとの試算も都のモニタリング会議(8月5日開催)で示されました。 【女子SPA!より転載。リンクなど元記事に移動します】⇒女子SPA!トップへ
 そんななか、7月28日に都庁で記者団の取材を受けた際の小池百合子都知事による、以下の発言が波紋を呼んでいます。 「ワクチンを受けた高齢の人たちの感染はぐっと下がっていて、逆にワクチンを受けておらず重症や中等症になる若い世代が増えている」として、「ワクチンを若い人にも打ってほしい。若い人たちの行動がカギを握っているので、ぜひ、ご協力いただきたい」と訴えたのです。  加えて、8月2日にも小池知事は都庁で記者団に対し、「40代と50代で、まだ接種を受けていない方々には、ワクチン接種をできるだけ早くお願いしたい」と呼びかけました。  これに都民から反発の声があがりました。ワクチンを打ちたくても、予約すらままならない状況だからです。

「小池都知事はマリー・アントワネットか」怒りと嘆きの声

 NHKの8月4日のウェブ公開記事によると、東京23区にワクチン接種の年代別の進捗(しんちょく)状況の取材をしたところ、8月3日までにアンケートに回答した18区のうち、50代で1回目の接種を終えた人が半分に達していない区が8割にものぼるそう。高齢者への接種がすすむ一方で、現役世代への接種が滞っている現状が浮き彫りになった格好です。  ネット上には、「予約の電話が何時間かけてもつながらないのに」「空いてるのは9月後半」「いったん予約をとったが、ワクチン供給不足でキャンセルといわれた」という現状についての投稿や、「ワクチンを打てばいいじゃないって、小池都知事はマリー・アントワネットかよ」「都民が(ワクチンが出る)打ち出の小槌を持っているとでも」「『火垂るの墓』で医者の『栄養失調だから滋養(じよう)をつけることですな』に『滋養なんかどこにあるんですか』とキレた主人公を思い出す」といった声があがりました。
 また、「若い世代がワクチンを打たないせいで感染が広がっている、という印象を高齢者に与えようという意図があるのでは?自身の選挙での支持基盤への目配せとして、予約不可の現実を知った上で印象操作をしており悪質」という指摘も。  どうしてこのようなミスマッチが起きているのでしょうか? 原因は、国から自治体へのワクチンの供給量を減らされたからとか、職域接種などの状況を把握するのが困難だとか様々。自治体からは、ワクチンの供給量とスケジュールを早急に示すよう国に求める声もあがっており、しばらく混乱は続きそうです。  そんな状況ではありますが、ワクチン接種関連の便利なサイトやサービスをご紹介しましょう。
次のページ
キャンセル枠お知らせサービスも
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事