ライフ

えっ、ファラオ…?保護猫シェルターで出会ったマナのユニークな寝姿にクスッ

「多くの猫ちゃんにおうちで不自由なく暮らしてほしい」

 そう話すコンドリア水戸さんは、野良猫や外飼いの子に思いを馳せることもあります。 コンドリア水戸さん「私はボスだけでなく、庭によく来ていたがっちゃんという猫をお迎えしたり、保護団体様にご協力いただいて里親さんへ譲渡した子がいたりしたので、時折、庭にやってくる猫たちは兄弟や親戚のように感じています。  お迎えした子たちには終生のお世話を誓い、良き里親でありたいと常に思っていますが、できる限りすべての猫ちゃんにおうちで不自由なく暮らしてほしいです」
おうちで息を引き取ることができた、がっちゃん

おうちで息を引き取ることができた、がっちゃん

 そのためにも保護猫譲渡会からのお迎えや完全室内飼育がスタンダードになるよう、今後も情報を発信していきたい。そう意欲を燃やすコンドリア水戸さんの止まらない猫愛を、4匹の愛猫たちは微笑ましく、嬉しく思っているはず。  私たちも、愛猫だけでなく、他の猫たちの命を守るためには何ができるかという疑問を自分に投げかけ、幸せなニャン生が送れる猫を増やしていきたいものです。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます <取材・文/愛玩動物飼養管理士・古川諭香> ※女子SPA!より
1
2
3
4
5
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠