ライフ

えっ、ファラオ…?保護猫シェルターで出会ったマナのユニークな寝姿にクスッ

○○さん家の猫がかわいすぎる Vol.51】  眠っているだけなのに、なぜか高貴…!そんな驚きを与えたのが、コンドリア水戸さん(@mitoconcon)宅で暮らすマナくん。  お手手を器用にクロスさせて眠る姿は、ツタンカーメンの黄金の棺を思い起こさせます。 【女子SPA!より転載。リンクなど元記事に移動します】⇒女子SPA!トップへ 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます

寝姿が個性的すぎる…!

マナくんは、過去にも気品あふれる「ファラオ寝」を披露していました

マナくんは、過去にも気品あふれる「ファラオ寝」を披露していました

 おうちでは、他にも突っ込みどころ満載な姿をたくさん見せてくれています。  例えば、ある時は開放感満載なおっぴろげ姿でスヤスヤ。
きもちよさそ~。開放感満載なおっぴろげ姿

きもちよさそ~。開放感満載なおっぴろげ姿

 今年の夏にはサンダルを枕にするという、ナイスアイデアも思いつきました。
サンダルを枕にして堂々とお昼寝

サンダルを枕にして堂々とお昼寝

 そんなマナくん、実は元野良猫。コンドリア水戸さんとの出会いは、ネットの里親募集サイトでした。

初対面は「この世の終わりみたいな顔で…」

 出会った当時、マナくんは生後8か月ほど。 「外で暮らしているとき、お世話をしてくれる方はいたらしいのですが、猫が集まりすぎて面倒が見きれなくなり、路頭に迷っていたところを保護されたと聞きました」  里親募集サイトに掲載されていたかわいらしい姿にコンドリア水戸さんは心惹かれ、会いに行くことになりました。  シェルター内でマナくんは、他の猫たちと仲良く過ごしていましたが、人間に対しては強い警戒心を見せました。 「気が小さくて怖がりな子。この世の終わりみたいな顔で私と妻を見ていました」  あまりにも悲壮感溢れる姿に、保護主さんからは「この子はやめておきますか……」との言葉が。しかし、コンドリア水戸さんはお迎えを決意します。 「臆病なのは、危機回避能力がある証拠。とても賢い子だと思いました」
次のページ
心を開き“甘えん坊”に大変身
1
2
3
4
5
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事