ライフ

なぜかモテるデブは知っている「太った男が魅力的に見えるシーン」4選

●デブ力を活かすシーン4「オシャレ」

モテるデブ こちらもまたギャップ萌えを武器にできるシーンと言えるでしょう。  悲しいかなデブには「オシャレに無頓着」といったイメージを持たれている方も多くいらっしゃることも事実ではありますが、だからこそ美意識を高め、清潔感のあるファッションや汗、臭い対策などに気を使うことにより、「あの人、太っているのにオシャレ」「いつも爽やかないい匂いがする」といった印象を強く持ってもらうことができます。  最近はオーバーサイズのオシャレアイテムも増えていますし、ラクに着こなせるファッションアイテムが気軽に手に入るようになってきているので、汗や臭い対策も含めて、日夜アンテナを張って、チェックするようにしてください。

似合うファッションを客観的に判断してもらう

 注意すべき点としては、自分のキャラクターに合うファッションアイテムをチョイスすることです。  いくら有名ブランドの高価な洋服を着ても、自分のキャラクターやサイズ感などを間違えるとその実力を発揮できないので、自分で判断できない方は、日頃から信用のできる友達に「オレってどんな洋服が似合うかな」と客観的に判断してもらうようにしてください。  案外、自分が似合うと思っているものと、本当に自分に似合うファッションは違っている場合もあります。  ということで、「デブ力を活かすシーンまとめ」は参考になりましたでしょうか。  今回の4シュチュエーションはあくまでもわかりやすくデブ諸氏の魅力を引き出すというものですが、自分自身を肯定でき、また客観視できるデブ諸氏はどんなシーンにおいても人を魅了する力を持っています。  どんなときも意識高めで、さまざまなシーンを楽しもうではありませんか!渋谷系ファッション雑誌『MEN’S KNUCKLE』や暴走族雑誌『ティーンズロード』などエッジの効いた若者カルチャーをテーマにした雑誌を多数手掛ける。現在はウェブマガジン『Mr.babe』でデブに特化したファッション&ライフスタイル情報を毎日配信中。2019年9月よりデブ限定の会員制オンラインサロン「Mr.babe BIG MAN’s LABO」を開設。大きな男たちだけで日本の経済を向上させるべく奮闘中(Twitterアカウント:@nori09140914
1
2
3
4
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠