ライフ

オシャレなデブが「ユニクロの進化」に感動した理由…サイズ問題も余裕でクリア

 こんにちは、日本のデブ諸氏の笑顔製造マシンとして日夜活動している「心もカラダもビッグサイズな男たち」のためのファッション&ライフスタイル情報を配信するウェブマガジン「Mr.Babe」編集長の倉科典仁です。

ユニクロがデブに優しくなっている?

 全国のデブ諸氏、最近、ユニクロに行っていらっしゃいますか? なんかデブに優しいアイテムが増えていると思われることはないでしょうか?  以前からユニクロのオーバーサイズはネットでの通販では購入できてはいたのですが、私の場合、ここ1年くらいユニクロの路面店で服を買うケースが増えております。  ちょっと前までは、シャツを買おうと思ってXLを試着してみても、身幅(胴回り)はピチピチで丈だけ長いとか、Tシャツを買おうと思ってもテロテロ系の薄い生地ばかりで乳首とお腹の出っ張りがバレバレ……なんてことばかりの印象でした。  しかし、近年は身幅に余裕があるものが多かったり、綿系の厚手の素材のものもあったり、裾丈もそこそこ身長に合うものがあったりと、感動しながらコスパもいいのでついつい買ってしまうことが多くなりました。

オーバーサイズのトレンドともマッチ

ハーフパンツ

Mサイズがジャストフィットというサプライズ!

 ここ最近、オーバーサイズがトレンドになっていたりするので、その影響もあるのではと思っているのですが、たとえばハーフパンツにしても身長173cm、ウエスト108cmの私でもなんとMサイズで履けたりするのです。  裾丈も長くもなく、短くもなくジャストフィット状態。それにはさすがに試着室の中で若干ニヤニヤしながら「選べる楽しさ」に喜びを感じていたりするのであります。 「ついに天下のユニクロさまが全国のデブ諸氏のために一肌脱いでくれたのでは!」と自分勝手に思っている今日このごろです。(ユニクロの広報の方、もしこの記事をご覧になったら詳細をご一報いただければ幸いです)
次のページ
「プロのデブ」の最高のTシャツ
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事