エンタメ

ロウリュの国をふたりで独占する、至福のひととき

―[サウナの呼吸]―
心と体を整えるサウナは働く男にとって、呼吸と同じぐらい重要である。サウナーで俳優の橋本祥平と初のゲストであり、同じく俳優の鳥越裕貴が今回訪れたのは神奈川・川崎の「ロウリューランド」だ。

川崎に誕生したサブスク型の新ひとりサウナ

 温浴施設の激戦区である川崎にオープンしたばかりの「ロウリューランド」は、サブスク型のひとりサウナ。最大2人まで同時に利用することができる個室が25部屋用意され、人目を気にせず気軽にサウナを楽しめることが大きな魅力だ。  そこで、今回は橋本と公私ともに親しい、先輩俳優でサウナーの鳥越裕貴をゲストに招き、ふたりサウナを体験してもらった。 サウナの呼吸鳥越:めっちゃ汗かいてるやん。 橋本:連載を始めてから、すごく汗かくようになったんですよね。 鳥越:お前がサウナの連載始めたと聞いて怒りに震えたよ。 橋本:食いつきがすごかった(笑)。 鳥越:今回ゲストで来て、改めて思ったわ。こんながっつりサウナに入って、さらにお金ももらっているなんて……。大阪の大東洋で初めて整いを経験して、サウナに目覚めて以来、いまやどこ行っても近場のサウナ探すからね。 橋本:鳥くん、撮影だから気を使うかと思ったけど、のんびりシャンプーと洗顔もしてましたよね!?

ロウリュの国をふたりで独占する至福のひととき

サウナの呼吸鳥越:周りを気にしなくていい個室だしね。ロウリュも自分のペースでできるし、サウナもMETOS製ですごくよかった。 橋本:設定温度は約85℃だけど、ロウリュがすごく効くんですよね。 鳥越:シャワーも休憩スペースもシンプルで無駄がないし。しかも部屋数が25室もあるっていう。 橋本:鳥くんがカラオケボックスみたいって言ってたけど、いつかこれが当たり前の時代がくるかな。 鳥越:近所に欲しいわ。いま普通の施設だと黙浴推奨でしゃべるのはマナー違反になってしまうけど、サウナって普段はしないような話ができたりもするから、今回これぞ裸の付き合いって感じがした。 橋本:確かに。例えば、「すいません! 鳥くんが大事にしていた稽古場のマッサージグッズ壊しちゃいました」と言っても……。 鳥越:「ええよ、また買えばええねん」って気分になってまうな……って、そうだったの!? 【鳥越裕貴】 ’91年、大阪府生まれ、俳優。来年1月7日公開の映画『文豪ストレイドッグス BEAST』に出演。出演中のドラマ『あいつが上手で下手が僕で』(日本テレビ系)は舞台化も決定。最新情報は公式HPで 取材・文/森野広明 撮影/江森康之 撮影協力/ロウリューランド
―[サウナの呼吸]―
’93年、神奈川県生まれ、俳優。出演映画『漆黒天-終の語り』が初夏公開、8~9月に同名舞台を東京、大阪で上演。『ろくにんよれば町内会』(日本テレビ系)出演中。ツイッター@hashimotoshohey公式HP

ベストサウナ

アナタだけの“ベストサウナ”は、本書を読めば見つかるはず


【shopdata】
ロウリューランド
(住)神奈川県川崎市川崎区小川町1-18 ラチッタデッラ VIVACE棟3F
(営)平日10~23時、土日祝10~20時
(休)木曜
(料)3600円/月~。ペア利用時、同伴者が非会員の場合は4400円~。
完全会員制で月1、月4、通い放題、VIPと各種プランを用意。1コマ100分で、うち個室内の利用は70分、残りの30分を館内で過ごせる
※情報は、『週刊SPA!』11/9・16合併号発売時点
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白