スポーツ

ゴルフスイングでの”頭のブレ”を解消する方法/三觜喜一

ボールに向かってクラブを引くと頭がブレる

 一方、クラブをボールや飛球方向にクラブを引き下ろすクセが体に染みついている人は、そのぶんだけダウンスイング中に目標方向へと体が突っ込み、頭や上体がブレているケースが大多数。一度頭と上体が飛球方向に突っ込んでしまうと、そこからいくらボールの後ろに頭を残そうとしても、ムリですよね。 誰も知らなかったゴルフの真実「ダウンスイングでクラブを後方に引き続けると、目標と反対方向に頭や体がブレてしまいそう」  そんなイメージをもつかもしれませんが、クラブを後方に引き続けるのは、この連載の序盤に説明した“第一振り子”と“第二振り子”の仕事です。手首からクラブにかけてが“第一振り子”で、肩から腕にかけてが“第二振り子”。振り子運動をより加速させるための体重移動や体の回転とともに、クラブを後方に引き続ける作業が行われることで、下半身と上半身に引っ張り合いが起きます。そのため、ふたつの振り子の支点を意識し、クラブを後方に引けば、頭や上体がブレることは本来ありえないのです。  頭がブレたり、上体が飛球方向に突っ込んでしまう人は、写真のように目線をボール後方にキープしてスイングするドリルも効果的です! 誰も知らなかったゴルフの真実

【Lesson15 結論】

ふたつの振り子の支点を意識してクラブを後方に引けば、頭は”残る” 構成/舟山俊之
みつはしよしかず●’74年、神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。ジュニア育成、ツアープロコーチとしても活躍。YouTubeの「三觜喜一MITSUHASHI TV」は登録者数40万人超

即実践できるドリルBOOK付き 誰も知らなかったゴルフの教科書

YouTubeチャンネル登録者数38万人「MITSUHASHITV」が大人気のティーチングプロ、三觜喜一の集大成

1
2
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
ハッシュタグ