お金

消えたヤンキーブランド「ガルフィー」人気再燃のワケ。“黒歴史”を強みに

「その店にガルフィーがお客さんを集めてあげたい」


 ノリと勢いでここまできたように思えるが、その裏には使命感もあるという。 「ガルフィーは“唯一無二のブランド”という自負がある。その店に来るお客さんに向けてつくっているのではなく、あくまで、その店に人を集めたいと思っているんです。ドン・キホーテとコラボした際は、プロモーションもこちらで請け負って。ラッパーやお笑い芸人に出演してもらってMV(ミュージックビデオ)を制作したのですが、かなりバズって洋服も記録的な大ヒットを飛ばした。  今後は、たとえばマルイ系ブランド(細身でスタイリッシュなデザイン)とコラボしてみたい。アパレル業界のなかでも苦戦を強いられているジャンルなので、若者たちが来るような仕掛けをいっしょに考えたいですね。おこがましいかもしれませんが。基本的には、逆境からチャレンジしたいという思いがあります。  アパレル業界は今、全体としても厳しい状況にあって、若い子で目指そうという人も減ってきている。だからこそ、自分の世代(30代後半)がどんどん盛り上げて、希望がもてるようにしたいと思っていますね」

現在は“地雷系”にも人気「彼女たちは“黒歴史”をわかって買っている」

 ブランドとしては、若者向けに大きく方向転換。ストリート系はもちろん、ギャルや地雷系と呼ばれる層にも着用されている。 「もともと好きだったヒップホップやストリートカルチャーの最新トレンドをディグる(探す)かたちなので、ここまでの道のりで“なにか苦労した”という感覚はありません。自然な流れで楽しみながらやっていますね。ただ、昔ながらのガルフィー (※石川さんは『オールドガルフィー』と呼ぶ)が良いという人もいるので、そこは大事にして。バランスを見ながら取り入れていきます。  最初は当然、ストリート系のお客さんが目立っていました。その後は不思議なことに、だんだんと“病み(闇)”を抱えているような地雷系の女の子たちも着るようになって。彼女たちはガルフィーがヤンキーブランドだった過去を知らずに買っているわけではなく、“黒歴史”として捉え、それをわかったうえで、あえて選んでいる。  SNSにガルフィーを着用した写真をアップすれば承認欲求も満たせるし、少しは心の拠り所になれているのかなって。だから、クラスの人気者が着るようなマス向けもありつつ、“陰”のデザインもつくっていますね」
オールドガルフィー

ヒョウ柄を取り入れたド派手なセットアップ

 ファッションの流行は一般的に20年周期で繰り返すと言われているが、石川さんは「ヤンキーという黒歴史がジャンルや世代を超えてぜんぶをつないでくれた」と感慨深く語る。 ガルフィー ガルフィーは原宿ど真ん中のセレクトショップで売られている一方、地方の商店街でおじいちゃんおばあちゃんが経営しているような店にも置いてある。その状況が、今のガルフィーを象徴しているだろう。 <取材・文・撮影(展示会)/藤井厚年>
Web/雑誌編集者・記者。『men’s egg』編集部を経てフリーランスとして雑誌媒体を中心に活動。その後、Webメディアの制作会社で修行、現在に至る。主に若者文化、メンズファッション、社会の本音、芸能人などのエンタメ全般を取材。Twitter:@FujiiAtsutoshi
1
2
3
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白