エンタメ

『実録鬼嫁日記』作者、現在は年収が2倍になっていた!?

現実世界以上に流行り廃りが激しいネットの世界。新たなアイデアを生み出し続ける人、そのまま消え去っていく人とさまざまだ。我々を魅了したネット界のカリスマや有名人たちは今、何をしているのか追跡してみた

【カリスマブロガーetc.編】

人気ブロガーからウェブプロデューサーに転身
◆カズマ氏

 ブログ本の先陣を切った人といえば、『実録鬼嫁日記』のカズマ氏だろう。傍若無人な嫁に振り回される日々を軽妙に綴った日記が反響を呼び、’04年から2年連続アメブロランキング1位に。’05年に出版、ドラマ化もされた。

「10年前、『嫁の理不尽な仕打ちを誰かに聞いてほしい』という切実な思いで書き始めたときは、まさかこうなるとは夢にも思ってなかった」と振り返るカズマ氏。

 それまではサラリーマンとしてごく一般的な生活をしていたが、転機が訪れたのは5年前。

「出版後、私生活では『カズマ』の顔はひた隠しにしながら毎週末東京に行く日々で、この先どうなるんだろうという漠然とした不安があった。そんな折、ある人に起業しないかと誘われた。『せっかくだからこの知名度を生かそう』と思い、話に乗りました」

 現在はウェブプロデューサー「カズマ」として活躍し年収は5年前より2倍に。「今、毎日が楽しい」と言うカズマ氏だが、意外にも私生活は全く変わらないとか。

「今でも収入は全部嫁に渡してます。嫁曰く『私がいるから書けるんでしょ』って。もちろん嫁の態度はそのままで、僕はオンオフ構わずリスみたいに走らされています。そもそも嫁はブログはおろか僕が書いた本も読んでないしドラマも見ないんですよ。僕に無関心なんです(笑)。食卓も変わらず、ただ娘の衣類と僕の保険が年々豪華になるだけ。嫁に『子供の靴一足であなたの全身が揃う』と言われたときはさすがにへこみました」

 とはいえ、氏は「この5年で心は豊かになった」としみじみ語る。「普通にサラリーマンをしていたら絶対に会えなかった著名人に会えて、楽しいなあと思えるようになった。何より転職できたのは大きいですね。僕は運が良かったんです。その恩返しじゃないけど、今は裏方に回って、本当に実力がある人がネットで日の目を見られるようサポートしています」

100525_BK_05.jpg
『実録鬼嫁日記』は現在も更新中’05年には「ブログ」で流行語大賞を受賞

株で大損→今度はFXと不動産投資で
◆まりお氏

「負け組個人投資家」「偉大なる反面教師」として一躍人気ブロガーとなった『僕と株と樹海の日々』のまりお氏。’06年から株式取引の見事なまでの負けっぷりを漫画を交えて小誌の『web SPA!』でユーモラスに綴り、多くの負け組投資家の共感を得てきた。’07年にはブログと同名の書籍『僕と株と樹海の日々』(共著・小社)を出版。それから3年たった今、「脱・負け組投資家」となったのか?

「この3年間で変わったのは、株をやめてFXと不動産投資を始めたこと。それに伴いブログタイトルも『僕と投資と樹海の日々』に変更しました。でもFXも負けっぱなしで去年は80万円も損切り。同時期に不動産で大失敗したので精神的ダメージは大きかった。追い打ちをかけるように、コメント欄も祭り状態でした」と語るまりお氏。

 これを機に「もうギャンブルはやめて負けない取引をしよう」と決意。トレード方法を変え、今は月10%増を目標に地道に利益を出しているという。

 一方、巷では「印税生活で悠々自適では」という声もあるが。「いやいや全然。投資本はすぐ売れなくなるし、共著だから印税もそんなに入らない。むしろ前よりずっと苦労してますよ。不動産投資で負った4800万円の借金が常にプレッシャーで心のゆとりはない。月40万円の返済はなぜか収入扱いになって、税金も保育料も大幅に上がり……。今住んでいる公営住宅もじきに追い出されるはず。嫁からは、『カネがないのに何でこんなに払ってるの?』って言われてます。今、ほかに何か儲かることはないか模索中ですよ」

 そんなまりお氏を支えるのは、やはりブログの存在だ。

「結局、株の失敗も不動産投資の不運も出版に繋がった。それでいろんな人に出会えたし、初対面の人にも一目置かれるようになった(笑)。だから僕はブログには感謝しているんです。当初は批判コメントでいちいちへこんでたけど今は批判されてナンボかと。しょせんネット上のなんちゃって有名人ですから」

100525_BK_04.jpg
6月には『まりおの恐る恐る不動産投資』(ダイヤモンド社)を上梓する予定

― 時代を席巻した[元・ネット有名人]の今【8】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事