雑学

カロリーゼロ食品が暴飲暴食を招く!?

間違い健康法 健康法のなかでも、特にさまざまな種類がブームによって生まれては消え、消えては生まれているダイエット法。そんな、巷で信じられているダイエットの勘違いについて、ダイエットカウンセラーの伊達友美氏に聞いてみた。

【誤】酵素液はダイエットの新常識!?
【正】胃の消化をサポートするが痩せる効果には疑問

飲むだけでダイエットや体質改善ができるというが、「あくまで胃の消化をサポートする程度。腸から体内に吸収されることはありません。間接的に代謝酵素を補助することはあるのかもしれませんが」(伊達氏)とのこと

【誤】カロリーゼロ食品で太らない!
【正】いくら食べても満足しない。暴飲暴食を招くことにも

商品棚の一角を占めるカロリーゼロものだが、「甘いものを食べたいとき脳が欲するのは糖。糖が入っていないと、脳からは『もっと食べろ』と指示が来る。結果、暴飲暴食に繫がることも」(同)と要注意だ

【誤】朝食をカレーに替えると痩せる
【正】スパイスよりも注意すべきは油分の量!

カレーに含まれるターメリックが脂肪を分解するというが、「日本のカレーを考えるときは、そのスパイスの効果よりも質のよくない油と小麦粉が多いので、ダイエットとしてはお勧めできません」(同)

【誤】トクホ商品で脂肪を吸収!
【正】ビジネス目的で作られた商品。過度な期待は禁物

「トクホは、加工食品のみに認定されるビジネス目的のもの。『多量に摂取することで予防の効果が高くなったり、疾病が治るわけではない』とのことなので、過度な期待は禁物」(同)。食べすぎたときの補助程度に!

【誤】お米を取らないダイエット
【正】減り続けているお米よりも粉ものや麺類を減らすべき?

「炭水化物抜きダイエットのやり玉にあがるのはお米ですが、米の消費は戦後減り続けています。一方でメタボが増えているというデータを信じれば、例えば粉ものや麺類を減らすべきではないでしょうか?」(同)

【伊達友美氏】
アオハルクリニックカウンセラー、管理栄養士。これまで約5000人を減量栄養指導。著書に『伊達式コンビニでダイエット』(廣済堂出版)など

イラスト/タカミトモヨシ
― 間違いだらけの健康法【4】 ―

伊達式・コンビニでダイエット

コンビニ飯で痩せる!!

ハッシュタグ




おすすめ記事