雑学

“ネット無し芸人”代表・さがねが一生アナログ宣言!

“一億総インターネット”時代到来かと思いきや、「家にネットがなくても平気」という人々が、実は数多く存在していた! 家にネット環境がなく、ケータイのネットも積極的には使わないという彼らの実態とは?

“ネット無し芸人”代表・さがねが一生アナログ宣言!

 ネタを考えるうえでも、流行に敏感でなければならないお笑い界。ネットはやはり必要不可欠かと思いきや、「パソコンがなくても困ったことはない!」と豪語するのは、「ウィ、ウィ、ウィ~ッ」のギャグでもおなじみのX-GUNのさがね正裕氏だ。

「一発ギャグを考える際も、ネットを頼っているうちは”よい子”を生めません。頭の電波を研ぎすませ、神様が降りてくるのを待つしかない! 調べものをするときも、図書館で本からノートに写せばその瞬間に頭に入るから、もう二度と同じことは調べなくなります。電車に乗るにも、よく利用する駅の時刻表や路線図を持っていれば十分。仕事では30分前に着くことを心がけていますから、遅刻もない。むしろネットで調べて時間ギリギリに着こうとする相方の西尾のほうが遅れますよ」

 まさにアナログ街道を突っ走っている。しかも、テレビすら観ず、「情報源はラジオのみ」というから、戦後とほとんど変わらない生活スタイルだ。「あえて時代に逆らう!」というさがね氏だが、’10年代に入った今年、「とうとう最新の設備を入手した」のだとか。

「まずはポータブルラジオ。なんとステレオで聴ける!! びっくりですわ~。続いて話題沸騰中のiPodシャッフル! パソコンがないので、友人に大好きな長渕剛のCDを渡して入れてもらいましたが、こんな小さいのに、曲がいっぱい入るんですよ! さらに、携帯をパケット使い放題のプランにしました。いくらメールをしても定額ですよ? すごい!」

 さがねさん、この数年間、冷凍睡眠でもしてたんですか!?

「ネットに頼っていては一発ギャグは生まれない!」

さがね正裕氏
X-GUNのツッコミ。8月31日に行われる
「祝200回突破記念 ホリプロお笑いライブ」に出演。
8月24日は「有吉命名☆ゴーストバスターズ」のライブも


― ネット無しでも[快適ライフ]白書【7】 ―




おすすめ記事