R-30

霊的エネルギー満載の「パワーフード」で夏を乗り切れ!

美鈴さん

美鈴さん

 節電で例年以上に暑さに耐えなければいけない今年の夏。扇風機や扇子が大活躍したって、根本的な夏バテ対策のことを考えると、やはり毎日の食事のことは無視できない。

「夏バテの時期は、大地のエネルギーが豊富な食材がいいですよ」と言うのは“明るい霊能者”として人気急上昇中のスピリチュアルカウンセラーの美鈴さん。「14歳で能力を認められ、霊山にて特別にほかの修験道の行者とともに荒行を始める」という経歴が想像つかないくらい、茶髪の巻き髪が似合う“綺麗なお姉さん”だ。

美鈴さんはそういったエネルギー豊富な特定の食材のことを「パワーフード」と呼んでいるという。「パワースポット」は知っているけど、「パワーフード」っていったいナニ? 「レバニラ炒め」みたいに、スタミナたっぷりのメニューのことだろうか。

「パワーフードとは、“霊的エネルギーの高い食材”のことです。食材自体にはさまざまな栄養素が含まれていますが、それとは別に、体内に取り込むことでオーラが大きくなり、明るく前向きな気持ちにさせてくれる食材のことなんです」


 え!? いや、まさに今、夏バテ気味でやる気が出なくて何もしたくない気分なんですけど……。筆者はオーラなんて視えないけど、今の自分のオーラはしょぼくれているに違いない。

「疲れているとき、やる気が出ないとき、逆になにかを達成しようと頑張っているときなどには、このようなパワーフードを積極的に取り入れてみては。夏バテに負けない健康な体があってこそ、元気に働いてお金を得ることができます。8月におすすめのパワーフードは大豆などの豆類。胎児の形に似た豆類はたくさんのエネルギーが詰まっています。種でもある豆は、新しい命である芽を出すためのエネルギーを蓄えています。大豆の水煮をサラダやスープ、カレーなどに入れてみたり、手軽に冷や奴で取り入れてもいいですね」

冷や奴だったらしょっちゅう食べてます。食欲ないときでも冷や奴なら食べられるしね。そしたら今度は大豆の水煮をカレーに入れてみよう。

モロヘイヤ「もうひとつはモロヘイヤです。クレオパトラも好んで食したと言われ、神前に供える榊と同じ霊的なエネルギーが感じられる食材なのです。スープや炒めものにするといいですね」

モロヘイヤ! ふだんはあんまり馴染みのない食材だけど、スーパーでも売ってるなあ。以前、エジプト料理店に行った際に「モロヘイヤシチュー」を食べたことがあるけど、鳥ガラスープがベースで、細かく刻んだモロヘイヤがちょっとネバネバしてて、いかにも元気になれそうなメニューだった。大昔、あのクレオパトラもモロヘイヤを食べていたんだなあ。

 大豆とモロヘイヤを食事に取り入れるだけの、いたって簡単な夏バテ対策。みなさん、ぜひトライしてみてくださいね。

取材・文/ならこ  写真/akiraak  [cipher] from flickr

お金に愛される魂のみがき方

「幸せなお金持ちになるには?」
霊的真理をまじえてわかりやすくアドバイス!

ハッシュタグ




おすすめ記事