恋愛・結婚

彼氏・夫の不在時にしている[イケナイこと]

清楚なMさん

清楚なMさんが、お風呂場で……

「ただいま」――家に帰ると、「おかえり」と笑顔で迎えてくれる。

服を脱ぎ散らかして出たはずの部屋はいつもどおりきちんと片付いていて、ビールとおつまみなんかが用意されていて。「独りじゃないってラクだなぁ」そう呟く俺に、だまってニコニコとほほ笑んでいる、妻、彼女。

そんな笑顔とは裏腹に、あなたの不在時に彼女たちが一体何をしているのか――あなたは気にかけたことがあるだろうか。
まさか、掃除・洗濯・炊事だけしているとでもお思いだろうか?
戦慄必至の実態を、ここに公開する!

◆パスワードも余裕で突破! デジタルストーキング

まずは定番(!?)、家で夫とパソコンを共有しているというAさん(33歳・主婦)。

「ダンナが寝ている間に、携帯の電話やメールの発着信履歴にある女の名前をチェック。ロックがかかっていますが、銀行口座の暗証番号と一緒なので簡単に解除できます。で、ダンナが仕事で出かけているときに、パソコンのメールにログイン。こっちは旅行サイトの“マイページ”にログインするときのパスワードと同じなんで、余裕です。で、携帯から拾い出した女のリストをパソコンのメールと照らし合わせて、仕事関係の女かそうでないかを突き止めていく」

そう、自信たっぷりに語るAさん。浮気か何かの足がかりは掴めたのか?

「今のところ、ないですね。ただ、想定されるパスワードをいくつか試してみて、ロックが解除できたのが楽しくて。探偵気分を楽しんでいる、というところでしょうか(笑)」

Aさんの夫同様、普段使用しているパスワードが数パターンしかないという人は多いだろう。

やましいことをしていなければ問題はないが、無断で監視されるのはやはり気持ちのいいものではない。デバイス毎に、マイナーチェンジを加えておくことをオススメする。

◆バッチイことするのが快感なんです

「彼と一緒にいるときは、おならもガマンしてしまうほど潔癖なんですが……」と打ち明けるのは、交際1年になる彼氏と半同棲中だというMさん(28歳・派遣)。

「彼がいないときに、掃除するついでにお風呂場でおしっこするのにハマってます(笑)。嫌がらせをしたいというわけじゃなくて、こっそり汚いことするっていうのが何とも言えず快感なんですよね」

小学生の頃、どうしてもトイレがガマンできないというわけではないのに、誰にも知られることなくプールや海でおしっこするのが気持ちよかった……という感覚と同じなのだろうか!?

汚いこと、というわけではないが、男として思わず顔をしかめたくなるのは「彼がいないときに内緒で、彼のヒゲ剃りで自分のワキ毛を剃っています」と話すSさん(24歳・営業)。自分のワキ毛剃りで処理すればいいのでは?

「だって、ヒゲ剃りのほうがきれいに剃れるんですよ、4枚歯で(笑)。ヒゲもワキ毛も、硬さ的には同じだからヒゲ剃りに毛が残っていてもバレないでしょ。彼氏がそのことを知らない、っていうのも何だか楽しいんですよね」

こればかりは確かめようもなければ防ぎようもないが……なんだか、今までどおりに風呂場や洗面所を使うのがためらわれてしまう話だ。

◆不倫女の必死の存在アピール

38歳の妻子持ちと現在不倫中だというYさん(27歳・受付)。家に上げてもらったことはないが、彼の車でドライブに連れて行ってもらうとき、必ずしていることがあるという。それは……。

「彼が車に私を残してコンビニに買い出しに行っているスキに、必ず自分の髪の毛をブチブチ引き抜いて助手席の周りに撒くんです。あと、ヘアピンも1本くらいは落としておく」

サラサラとした、ストレートのロングヘアのYさん。一方、彼の奥さんは「ダッサいソバージュ」(Yさん)。そんなことしたら、不倫が発覚して大変な目に遭うのでは?

「それはそうなんですけど……。私だけが辛い思いをして、奥さんは何も知らずに彼と幸せに暮らしている、というのがガマンできない。彼も彼でうまいことやっているのが悔しくて。心のどこかで『バレて、二人の間がグチャグチャに壊れればいい』と思ってしまうんですよね。そのときは私も終わり、ですけど」

「もし不倫がバレたら彼女にとっても困るのだから、わざわざバラすような行動を取るはずがない」と思ったら大間違い。Yさん同様、自滅覚悟で「バラして困らせてやろう」と目論む女性も多いのだ。少なくとも、自家用車を不倫デートに使うことは避けるべきだろう。

以上、何とも恐ろしい話ではあるが、これが女性の実態だ。

あなたの妻、彼女は、あなたの不在時に何をしているだろうか――。

取材・文/さかあがり




おすすめ記事