デジタル

今年も超会議前夜からカオス!「ニコニコ超会議号」乗車レポ【ニコニコ超会議2】

ニコニコ超会議号

車内を巡回する向谷実氏、野月貴弘氏

 4月27、28日の2日間、幕張メッセで開催される『ニコニコ超会議2』。その前日の26日、大阪駅から上野駅に向けて、ブルートレイン『ニコニコ超会議号』が走った。昨年同様、ミュージシャン・向谷実氏プロデュースによる同企画は、今年どんな盛り上がりをみせたのか? 昨年につづき、今年も乗車取材レポートをお届けする。

⇒【画像集】車内の様子(鉄道模型・向谷氏ほか)
http://nikkan-spa.jp/430577/ckg2_01


◆大阪駅に集結した撮り鉄集団

 18時頃、19時7分の入線の1時間前にホームに到着した記者だったが、時すでに遅し。ホーム先端には、撮り鉄(列車の撮影を好む鉄道ファン)の山がすでにできあがっていた。最近、撮り鉄のマナーに注目が集まっているためか、係員の数も多く「黄色い線の内側に下がって下さい!」という怒号が飛んでいた。記者のまわりでは大きな問題もなく、定刻通りに発車した。

◆今年も健在!鉄道模型

 昨年の超会議号では、貸切の団体列車だからこそできることをやろうと、車内で鉄道模型を走らせるなど、ユニークな楽しみ方をする乗客が多くみられた。なかでも、5号車ではその自由さから「カオス5号車」と呼ばれ、向谷氏も驚いていた(http://nikkan-spa.jp/202463)。今回、5号車の乗客たちは再び集結し、前回よりも派手に鉄道模型を走らせた。前回は1シート分だったレールも、今回は2シートを使い、レール総距離は2.5倍となった。さらに、他乗客たちもレールが敷かれることを聞きつけ、各々自慢の列車を持ち込んでいた。

 特筆すべきは、大容量バッテリーを持参し、化粧台のコンセントからの電源確保に頼らずに走行できるように準備していたこと。「これで10時間は走らせることができます」と、自作の制御装置を解説する姿がまぶしかった。

◆広がる楽しみ方

 カオス5号車以外の乗客たちも、各々楽しみ方を見出していた。「5号車の人たちが模型走行なら、こっちはコレ」と、プラレールを走行させたり、鉄道関連グッズの展示を行ったり、アニメグッズを広げたりしていた。

◆向谷氏と野月氏による車内サービスも充実

 前回同様、両氏による車内の巡回は消灯時間ギリギリまで盛り上がりをみせていた。今回は途中下車での撮影タイム、寄書きなど新たな試みも加わり、2度目の乗客も満足度は高かったようだ。

 「また乗りたい!」「来年はもっと凄いことやらかします」と目を輝かせていた乗客たち。そして、笑顔でニコニコ超会議会場へ向かった向谷氏。来年はニコニコ超会議自体あるかわからないが、次回があるとすればさらにすごい展開になることは間違いない。

ニコニコ超会議号

寄書きには「来年も!」という声多数



⇒【その他の画像】http://nikkan-spa.jp/430577/ckg2_34

<取材・文・撮影/林健太>

ハッシュタグ




おすすめ記事