【イプシロンをたずねて3000km】クルマとロケットは、高性能で低コストなのがイイ<後編>

その瞬間、何が起きたかよくわからず。「絶対成功間違いなし!」じゃなかったの……。8月28日、国産ロケット・イプシロン打ち上げの失敗、もとい中止に儘ならないのもまた男のロマンであると知りましたが、やはり神々しく空を駆けて行くロケットを見たかった! イプシロンに会うために、往復約3000km走ってきました

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

イプシロン

ユーミンの「ひこうき雲」を何度も聴きながら、遥々、鹿児島まで行ってきましたが会えず。。。いつかきっと男のロマンを叶えます!(担当K)

◆クルマとロケットは、高性能で低コストなのがイイ!【後編】

⇒【前編】はコチラ

 イプシロンロケットが求めたのは、高性能・低コストの衛星打ち上げシステムだ。我々貴族は、それを見るために、高性能・低コストなクリーンディーゼルに乗ってやってきた。もちろん中止や失敗のリスクを承知のうえで。リスクを恐れすぎないのも、また貴族の特質である。

 今回の旅にかかった交通費は、おおむね以下の通りであった。

高速代/合計2万6450円(ETC割引)
軽油代/約2万5000円(平均燃費リッター16km)


 これが飛行機+レンタカーなら、3名で最低12万円ぐらいかかったはず。貴族はクリーンディーゼルに乗れ! さすればロマンと節約を手にするであろう。

 なお、マツダは、より小排気量のクリーンディーゼルも開発中と噂される。全先進国でディーゼル排ガス規制の厳格化が進むなか、その技術を持つのはVWとマツダのみとも目される。マツダが世界のディーゼル市場を席巻する日は、遠くない。

【結論】
高性能と低コストは世界を制する。マツダのスカイアクティブDとイプシロンロケットは、世界市場のコスト競争に打ち勝ち、勝者となっていただきたい! 日本を取り戻すために!

※ちなみに、打ち上げを延期していたイプシロンの打ち上げ日時が9月14日(土)13:45に決定。でも今回はスケジュールの都合が合わず、やむなく断念…(編集K)

イプシロン― イプシロンを訪ねて3000km【2】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事