恋愛・結婚

「愛人市場」価格崩壊の要因!? LINEで愛人ゲットする男

最近、各週刊誌や実話誌がこぞって「愛人がデフレ化している」と報じている。夜の街でも同様の噂が漏れ聞こえてくる。果たして噂は本当なのか? 今回SPA!は現役で愛人を持つ男たちのナマの声を取材した

◆LINEでカジュアルに愛人をGETする男

sns, 性生活「ネットで『ご近所さんを探せ!』や『mixi』などを使い始めてから、出会いの効率が良くなった。そうして行き着いたのがLINE経由の愛人でした」と話すのは、山城悟さん(仮名・42歳・会社員)。

 カメラが趣味の山城さんは、モデルを探す目的で、LINE掲示板に書き込みを開始。そこでヌード撮影をさせてくれる女性と親しくなるにつれ愛人関係となり、さらにはハメ撮りなどもさせてくれるようになるなど、非常においしい思いをするようになった。

「最近はモデルに興味のある素人ばかりなので、金額も一回1万5000~2万円程度。デート代やホテル代を入れても3万で収まる。逆に『撮って!!』とコスプレとかをタダで撮らせてもらえることもある。このときはHはないけど、ホテル代数千円程度でヌード撮影ができます」

 彼のように一芸に秀でていればオトクに愛人を持つことができるといえるのか。そうした“LINE愛人”たちとはつかず離れず、会いたいときにチャットで連絡を取り、継続的に複数と関係しているという。時にはチャットSEXもしているが、それでカネを請求されることはない。

「浅く広い繋がりだから、切るのも簡単で単価も安いし都合がいい」

 愛人の定義も徐々に変わってきているのか。

取材・文/SPA!愛人市場調査隊(※写真はイメージです)
― デフレ化する[愛人]市場調査【4】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事