雑学

超大穴のSPA!記者が奇跡の優勝!! ポーカー全国大会挑戦レポート

 世界最大規模のポーカー大会であるWSOP。03年のメイントーナメントでは、参加費40ドルのオンライン予選から勝ち上がったクリス・マネーメーカーという若手プレイヤーがそのまま優勝賞金250万ドルを獲得。それを皮切りに、アメリカでは一大ポーカーブームが到来。そしてその余波は世界各地に飛び火し、現在、世界中のカジノで高額賞金の獲得を夢見るプレイヤーたちが頭脳勝負に興じている。

ジャパンオープンポーカー2014 Season1:Tokyo tour

150人のプレイヤーが15のテーブルに分かれてプレイ。会場の目立つ位置には、現時点のブラインドと残り時間が表示される

 もちろんそれは日本も例外ではない。12年に日本人で初めてWSOPタイトルを獲得した木原直哉氏の活躍は記憶に新しいところだが、世界各地のポーカー大会で、日本人のタイトルホルダーが続々と誕生している。カジノのない日本では、強豪プレイヤーたちの多くが、オンライン、そして“アミューズメント”といわれるカジノを模したお店で腕を磨いているのだ。昨年春の記事「海外トーナメント腕試し前哨戦。メイドカジノ店でポーカー対決!」(https://nikkan-spa.jp/yoru/456868)で紹介した「アキバギルド」をはじめ、アミューズメント店は全国各地に存在する。そして、そんな各地のポーカースポットで予選を勝ち抜いた150人近くのプレイヤーが集結するポーカーの全国大会「JAPAN OPEN POKER TOUR2014 Season1:Tokyo tour」が東京・銀座で開催。SPA!記者も参加することになった。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=612405

 日本でポーカーというと、5枚の手札を隠し持って対決する“ドローポーカー”を想像する人が多いが、本大会に限らず、世界的に主流となっているのは“テキサスホールデムポーカー”という種目。プレイヤーに配られるハンドは2枚。そこでベッドアクション(レイズして相手を降ろす、参加しなければフォールドなど)を行い、残ったプレイヤーで、5枚のコミュニティカードを見にいく。

 コミュニティカードは最初に3枚開かれ、それを“フロップ”と呼び、そこで再びベッドアクション→残ったプレイヤーで“ターン”と呼ばれる1枚のコミュニティカードを見てベッドアクション→最後のコミュニティカードである“リバー”を見にいき最後のベッドアクションをする。

 ベッドアクションの途中で自分以外の全員がフォールドすれば、場に出ているチップはすべてその人のものになる。最後のベッドアクションで複数人のプレイヤーが残ると、“ショーダウン”となり、手持ちの2枚のカードと場に出た5枚のカードを合わせて、“最強の5枚のハンド”を作り、役の強弱を競う――というのが主なゲームの流れだ。

ジャパンオープンポーカー2014 Season1:Tokyo tour

場に出た5枚のコミュニティカードと自分の2枚を合わせて役を作る

 さて、2日制で行われるこの大会。各プレイヤーに配られたトーナメントチップは1万5000点。ブラインド(1周ごとに2回支払わなくてはいけない強制ベッドのこと)を支払いながらプレイヤー同士でチップを奪い合い、チップのなくなった者から抜けていくというシステム。

「チップがなくなったら負けなら、参加しないでずっと座っていれば自動的に生き残れるじゃん」

 そんな声も出てきそうなものだが、上記のブラインドは時間ごとに上昇していき、座っているだけだと自動的に破産してしまうという仕組みだ。

 優勝者にはスポンサーから4月に開催されるポーカー世界大会、APPTソウルのメインイベントに日本代表選手として参加できる権利、往復の航空券、ホテル代を合わせた、総額4000ドル相当の内容が提供されている。2位は1600ドル、3位は1300ドル相当だ。

 1日目は150人の参加者が60人になるところまで進められる。うまくスタートダッシュを切りたいところだが、うまく手が噛み合わない。それなりに強い手で参加するも、同卓の強豪たちから深刻な反撃を受け、泣く泣く退散の繰り返し。増えることも減ることもなく、開始4時間でテーブル移動(参加人数が減っていくトーナメントでは、常に1テーブル9人で戦えるようにリバランスされる)となった。

 移動先のテーブルでは、88(自分)対77(相手)の勝率80%のオールイン対決でダブルアップ(チップを2倍に増やすこと)したり、77(自分)対AJ(相手)で、フロップに37Aと落ちて(自分がスリーカードで相手はAのワンペア)、こちらでもダブルアップするなど幸運にも恵まれて、7万2000点持ちで1日目を終了。この時点での平均チップ数は3万7500点、60人中6位という好位置で初日を終了した。

⇒【後編】「大会2日目」に続く https://nikkan-spa.jp/613548

●JAPAN OPEN POKER TOUR2014 Season1:Tokyo tour http://japanpokertour.jp/top/2014s1tokyo

<取材・文/スギナミ 写真協力/JAPAN OPEN POKER TOUR>


ハッシュタグ




おすすめ記事