スポーツ

【マー君デビュー戦】NYのファンやメディアの反応は?

田中将大投手

MLB日本公式サイトより

「Go、Tanaka!」

 どこからか威勢のいい掛け声が上がった。

 ヤンキースに鳴り物入りで入団した田中将大投手がトロントの敵地でデビューのマウンドに上がったとき、ニューヨークのスポーツバーにはヤンキースファンが集結していた。

 場所はマンハッタンのミッドタウンにある人気のスポーツバー。長いカウンターには約30席、テーブル席は1階と2階に分かれ20席以上が並ぶ巨大店舗に、大型スクリーンの薄型テレビが8台設置されたその店は、試合開始前から大勢の客で混雑していた。あまりの混雑で席に座れず立ち飲みしている客も多かったほどである。

 その中にはもちろん、ヤンキースの帽子やジャンパーを身につけているファンが目立っていた。熱狂的なヤンキースファンは、常にチームの帽子やウエアを身につけているのですぐにわかる。30代くらいのある白人男性は、あの松井秀喜氏が活躍した09年ワールドシリーズ制覇の記念スタジャンを着こみ、アジア人のガールフレンドと一緒に来ていた。

 田中は今や、ニューヨークでは最も有名であり、最もよく話題に上がるヤンキースの選手となった。7年1億5500万ドルという新人としては破格の超大型契約で入団し、前評判は上がりっぱなし。マンハッタンのタイムズスクエアにある球団グッズショップでは、ショップの入り口付近の一番目立つ場所に田中のレプリカユニフォームとTシャツがディスプレイされ、球団のイチオシ選手となっている。

 その田中が、開幕から一体どんな投球を見せてくれるのか。ニューヨークのファンは、デビュー戦を心待ちにし、その日スポーツバーに繰り出していた。
「Go、Tanaka!」の掛け声が飛んだのは、田中がメジャーでの第1球を投げたときだった。

 最初の打者は、かつてヤンキースにも所属し2012年8月にドーピングが発覚して50試合の出場停止処分を受けたメルキー・カブレラ外野手だった。メジャーデビューの第1球目は93マイル(約150キロ)のストレートでストライクを取った。2球目のボールの後、3球目は変化球。カブレラはそれを捉え、いきなり右中間フェンスの向こう側まで飛ばしてしまったのだ。

「ワオ。カモーン」

 立ち飲みしながら観戦していた男性が、巨大スクリーンの画面を両手で指差しながら叫んだ。田中の投球を固唾をのんで見守っていたファンは、いきなり出鼻をくじかれた。

 だが、その表情には決して困惑や失望の色はなく、笑みさえ浮かんでいた。「まあ最初だからね。そんなこともあるさ」とでも言いたげな寛大さを漂わせていた。ヤンキースは田中が初マウンドを踏む前の1回表にすでに2点を先制していたため、先頭弾を浴びてもまだリードしていたのだから、見ているファンにも余裕があった。

 田中の方も3回以降は立て直し、ファンにとって安心して見ていられる展開となると、店内はざわつき始めていた。ビールを飲みながら仲間と談笑しつつ試合を観戦していたヤンキースファンはすっかりリラックスし、試合もそっちのけで仲間とのおしゃべりに夢中になっていたからだ。店内にはカップルの姿も多く、酒のグラスを片手に試合観戦もそっちのけでイチャついている男女の姿も……。

 実はこの日、ヤンキースと同じくニューヨークを拠点にするNBAのニックスがプレーオフをかけた大事な一戦を戦っていたため、店内のテレビの半分はニックスの試合を映していた。ニックスがリードするたびに歓声や拍手も起こり、混雑した店内ははっきりいってカオスな状態。ヤンキースファンはまだシーズンが始まったばかりで余裕があるのか、実のところそこまで入れこんで試合を食い入るように観ている人は少なかったのだ。

 それでも田中が好投し、最終的に7回を6安打無四球3失点(自責2)、8奪三振でデビュー戦を見事勝利で飾ると、その場にいたファンも拍手喝さいで沸いた。

「タナーカ」
 誰かがそう叫ぶと、別のファンは、
「今季はプレーオフに進出するぞ」
 と雄叫びを上げていた。

 田中のデビュー登板について、辛口といわれるニューヨークメディアも総じて好意的に伝えた。

 CBSスポーツ電子版は「タナカのデビューは大成功。彼に多くの投資をしたヤンキースは、申し分のない見返りを得た」と書き、ESPNニューヨーク電子版は田中を「リアル・ディール(本物)」と呼んだ。かつて「リアル・ディール」というあだ名を持っていたのは最強の名を欲しいままにした元ヘビー級王者のプロボクサーのイベンダー・ホリフィールドだが、同サイトの記事は「ヤンキースは自分達のホリフィールドを見つけたのかもしれない」と最高の賛辞を贈っている。ヤンキースの試合中継を放送しているラジオ局WFANのスポーツトーク番組パーソナリティーは、先頭弾を浴びるなど乱調だった立ち上がりから見事に立て直したことに注目し「最初はケイ・イガワかと思ったが、期待に応える投球だった」とユーモア交じりに話していた。

 ヤンキースファンの声も、多くは好意的。

「非常に期待の持てるデビュー戦だった」

「彼の速球は最速で94マイル(151キロ)出たし、スローカーブも素晴らしいし、スプリッターは手が着けられない。そして何より大事なのは、彼のコントロールは最高だってことさ」

「悪い立ち上がりからあれだけ立ち直ったのが凄い」

「タナカはまったく心配ない」

 ニューヨーカーは、この日のデビュー戦を見てすっかり安心したようだった。もちろん「相手チームのエースと投げあっていたとしたら、どうだったか」と厳しい目を向けるファンもいるが、いずれにせよ今年のニューヨークで最も注目され、最もファンの間で語られるのが田中であることは間違いない。この日の試合中、田中がカブレラに先頭打者本塁打を浴びた直後、カブレラの米ウィキペディアページには「2014年4月4日、カブレラはメジャーで最初にマサヒロ・タナカと対戦した打者となり、先頭弾を放った」という項目が速攻で付け加えられていた。それだけ注目度の高いデビュー戦だったのだ。 <取材・文/水次祥子>




おすすめ記事