デジタル

菅さんも再開した四国お遍路をバーチャル体験できる万歩計があった!

 菅直人前首相が、10月2日より約3年ぶりに四国霊場八十八か所を巡る「お遍路」を再開したという。SPを連れてという大名行列のようなお遍路だが、首相経験者とはいえ、八十八か所をコンプリートせずにはいられないのだろう。

 お遍路にハマった有名人といえば、ほかには元銀座ホステスで作家の蝶々さんもいるが、お遍路が日本人のDNAに訴えかける引力のすごさを感じずにはいられない。筆者の周囲にも、よさこいや阿波踊りが好きで、そのうえお遍路もしている知人がいる。ふだんは車で通勤しているのに、お遍路の最中は歩くのが苦にならないというのだから不思議に思っていたものだ。

歩く遍路 神社仏閣巡りが好きな筆者であるが、いつか50代以降にでもお遍路を経験してみたい、と思っていた。そんな折に、四国まで行かずとも手軽にお遍路体験できるグッズをたまたま発見! 万歩計の代名詞ともいえる山佐時計計器株式会社が開発した「ゲームポケット万歩計『歩く遍路』」である。この万歩計を使えば、四国霊場八十八か所(約1200キロ)をバーチャル体験できるそうだ。通勤時だって、休日に近所の公園をウォーキングするのだって、この万歩計をつければお遍路気分を味わえるのだ。

 しかも、「3方向加速度センサー採用」「歩数、歩行距離、消費カロリー、カレンダー、時計を表示」「累計機能でモチベーションUP」「14日分のデータをオートメモリー」「地図上での現在位置や、次の札所まで行くのに必要な歩数、距離を表示」などの機能を搭載。お遍路とは名ばかりで、とっても最先端なウォーキングプログラムだ。遍路の所々で「よさこい」や「阿波踊り」のメロディーが流れてテンションを上げてくれるほか、和尚さんの説法(ありがたい言葉・人生訓)が聴けたりもするらしい。

 1200キロも歩けばじゅうぶんなカロリー消費もできる。「コンプリートした頃にはボディラインがシェイプされて、今よりもっとモテるかも!」と煩悩を抱く凡夫の筆者。真面目にリアルお遍路をしている人には申し訳ないが、ダイエット目的でバーチャルお遍路チャレンジさせていただきます!

▼公式HP
http://walk88.com/shop/

文/ならこ




おすすめ記事