お金

サラリーマンが副業で“無理なく月10万円稼げるバイト”

副業といえば、誰もが真っ先に思いつく仕事がいくつかある。ド定番ゆえに、かえってあまり儲からなさそうなイメージすらあるが、何事もやりよう次第。きっちり儲けている人の「目のつけどころ」を盗むべし! ◆地味系バイトは宿直(仮眠アリ)が現実的 【サラリーマン副業で月10万円】地味系バイトは宿直(仮眠アリ)が現実的 前回まで紹介してきた副業(https://nikkan-spa.jp/715985)のどれも「自分にはできそうにない」と思うようであれば、残された道はただ一つ「地道なバイト」だ。とはいえ、一般的なバイトで月10万円を稼ぐのは、やはり厳しい。  時給1000円の新聞配達を副業にしている山川剛さん(仮名・51歳)いわく「睡眠時間は一日平均3~4時間」! 「正社員(倉庫会社の事務)の仕事が8時半~18時で、新聞配達は深夜1時~5時。休刊日(当たり前だが、月1回しかない)以外は毎日働いて、月12万円を稼いでいますが、体はもう限界です」  それはそうだろう……。しかし、もっと効率のいいバイトもあるはず! ということで、ハローワークの求人情報を15年にわたってチェックしているジャーナリストの日向咲嗣氏に話を聞いた。 バイト「資格や技能が必要ない高時給のアルバイトといえば、どうしても“3K職場”が多くなりますが、本業と一緒に続けるのは無理があるでしょう。現実的な選択肢としてオススメできるのは『病院や福祉施設の宿直(仮眠あり)』。とある福祉施設の宿直では、17時30分~翌8時半の勤務で、うち6時間が仮眠時間。日給は1万2000円で、すごく高給というわけではなく、緊急時には仮眠中に起こされることもあるようですが、何も起こらなければ体力は持つはず」  運転系の仕事も、時給は高めだ。 「夜間の定時制タクシーは、経験を積めば時給2500円程度を稼ぐことも可能で、2種免許取得費用を補助してくれる会社も。飲食店やフィリピンパブのスタッフの送迎や運転代行も、時給2000円前後の仕事が多くあります」  副業で運転代行をしているメーカー営業の近藤涼さん(仮名・41歳)も、週末の深夜を中心に月10日働き、10万円を達成している。 「酔っ払いに絡まれたり、後部座席でカップルがおっぱじめてしまったり……などのハプニングも多いけど、車の運転そのものは好きなので、大きなストレスはなく働けています」とのこと。急がば回れで「自分に合った地味なバイト」が、実は一番強いのかも。 【月10万円のモデルプラン】 17時30分~翌8時半までの福祉施設の宿直勤務で、日給1万2000円。月9日入れば10万円を突破。土日をフル活用し、仕事を早く上がれる平日も利用すれば達成は可能。6時間は仮眠を取れるので、体への負担も意外と少ない 【日向咲嗣氏】 サラリーマンの転職、独立、副業、失業など生活者の声をすくいあげる執筆活動を行う。著書に『家賃を2割下げる方法』(三五館)ほか 取材・文/江沢洋 清水芽々 高城泰 古澤誠一郎 山脇麻生 イラスト/深川直美 アンケート協力/アイオイクス ― 新サバイバル術 副業で確実に月10万円稼ぐ!【8】 ―
家賃を2割下げる方法

家賃崩壊時代に大損しないために

Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事