恋愛・結婚

男だって悩んでいる! 俺たちのセックスの悩み座談会

30すぎた俺たちだって、テクニック不足や身体のことで悩んでる!
そんな野郎ども3人が集結し、ボーイズトークを繰り広げた。

☆座談会参加者は、
ケン(36歳・既婚)、アキラ(32歳・既婚)、コージ(30歳・未婚)の3人。


コージ 「やっぱり、男の悩みといえば、『早いんじゃないか?』ってことじゃない?」

ケン 「永遠のテーマですね」

アキラ 「俺なんて、挿入してから5分でイっちゃいそうになるよ」

コージ 「僕なんか、2分だよ!」

アキラ 「でもさ、その5分をなんとか乗り切れば、そこから15分くらいいける。30過ぎてからそうなった。これが大人になるってことなのかな」

コージ 「わかるぅ~! エンペラータイムだよね」 (C)『HUNTER×HUNTER』

ケン 「少しでも長引かせるために、明日の仕事の段取りを考えたり」

コージ 「僕はきったないオッサンを思い浮かべる。でも、たまにうっかり母親が出てきちゃって、そうすると萎えます」

ケン 「中折れ問題ですね。最初の峠をなんとか乗り越えたら、今度はイケなくなって、しまいには中折れするという。困ったものです」

アキラ 「エンペラータイムと引き換えに、なかなかイケなくて困るようになってしまったかも。女のコがイキそうなとき、ピストンのラッシュをかけなきゃいけないじゃない? だけどその頃には体力が持たなくて、結果不完全燃焼にさせてしまう。申し訳ないなあと思うよ」

―――――――――――――――

コージ 「お二人は、既婚じゃないですか。奥さん相手で、やる気起きます?」

ケンアキラ 「起きないねえ……」

アキラ 「完全に義務化してるね。なんとなく自分ルールで月1回はセックスするようにしているんだけど、嫁のプライドを保つために『お前を見てたらムラムラしてきた』演技をしているよ」

コージ 「男も演技する時代なんですね」

ケン 「私の場合は、完全にセックスレスで、3ヶ月にいっぺんあるかないか。でも、オナニーは大好きです。家のPCが妻と共有なのですが、大量のエロサイトをお気に入り登録していたのがバレまして。『お前、バレないようにしろよ』と、寂しそうな目で言われました」

アキラ 「やっぱり、嫁がいると、のびのびオナニーできないのがつらいよね」

ケン 「私の友達は、携帯の動画サイトをおかずに、トイレで楽しんでいたのですが、家のローン返済のため、泣く泣く有料会員を退会したとぼやいていました」

コージ 「既婚者って、やっぱり大変なんすね……」

―――――――――――――――

ケン 「相手を満足させていないのではないという、根源的な不安が強いです」

コージ 「僕も不安で、おもちゃを使ってみたことがあるんですけど、頼りきってる自分がイヤになりました。相手がはまりすぎちゃったらどうしようと怖くなった。俺の手なんかじゃ太刀打ちできないよなって」

ケン 「僕の場合は……銭湯や温泉で比較した限り、おそらくは小さいんです。ゆえに、妻を満足させているのか不安なんです」

コージアキラ ……。

ケン 「一応、『イッたのか?』と妻に確認はしているんですが、女性は演技すると聞きますし、それが本当か確かめる術がないので、不安です」

アキラ 「ま、まあ、俺だって相手が演技してるんじゃないかとは常に疑ってるけど、そこを疑いだしたらキリがないので、もし演技だとしても”盛り上げてくれて、ありがとう”と思うようにしているよ」

コージ 「やらせじゃなくて、演出みたいなものじゃないの? 僕だって、相手のフェラがイマイチなときも、すごい気持ちいいフリをしてやる気に応えるようにしているし」

アキラ 「セックスは、2人でするもの。男も女もちょっとずつ演技して、楽しいひと時を共有できれば、それでいいじゃん!」

ケン 「そうですね。最近は、楽しもうという気持ちが欠けていたように思えます。勝手にプレッシャーを感じて、それでセックスレスになっているのかもしれません」

コージアキラ 「気にすんなよ!」

話せども話せども尽きぬボーイズトーク。男心はいつだって少年なのだ。

取材・文/友部綾子

HUNTER×HUNTER29

クラピカは今?




おすすめ記事