恋愛・結婚

40男は「ちょいダサ」くらいの方がモテる

「やっぱり女は、デキる男と金持ちにしかなびかないのか……」と決めつけるのは間違っている! さまざまな証言によると、カネや才能とは直接関係のないところで、オヤジならではの「人間力」が評価されているのだ。人間力とは日常の些細なシーンに顔を出すもの。女たちが「モテオヤジ」と認めた人物に共通する習慣を探った。

◆モテる40男は「ちょいダサ」

「ちょいダサ」の40男が実はモテる ジローラモのようなスタイリッシュオヤジは、現実世界では通用せず。「ファッション誌の完コピみたいなオヤジは、『若い女はアクセサリー』とか言ってそうで萎える」(26歳・Web制作)。

 無論、上質のアイテムをさりげなく着こなすオヤジは最高にカッコイイのだが、周囲に実例が乏しいらしく、洋服の調達先としてはGAPや無印などのカジュアルブランドが推される結果に(※58%)。

 アンチエイジングについても、気を使ってほしい派となるべく自然にしてほしい派では、後者がやや優勢(※55%)。

「理想は吉川晃司。プロとしてカラダは鍛えているけど、白髪は放置。あれで染めていたら全然カッコよくない。健康のために最低限の運動はすべきだけど、若く見せようと頑張るのはナンセンス!」(34歳・広告代理店)

 居酒屋でのドリンクのチョイスに「ビール」より「ハイボールや本格焼酎」が支持された(※55%)のも興味深いところ。

「ビール派は、若いヤツらと一緒に『ウェーーイ』とか言ってそうで年がいがない感じ。オヤジならオヤジらしく渋い酒を飲んでいてほしい」(33歳・司書)

「正しく枯れる」のが正解だ。

<モテる生活習慣>

●ファッションアイテムは無印で十分
●白髪は放置してロマンスグレーに
●健康のためにカラダは鍛える
●ビールよりもハイボール

※20~35歳の女性200人を対象に「身近にいる“モテる40代男性”」について調査
― なぜか[モテる40男]の生活習慣【2】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事