軽油の加速と安さは麻薬!日本で増えるディーゼル車

ガソリン価格が高騰して久しい昨今。レギュラー150円、ハイオク160円なんてのが、当たり前になってきました。そんななかハイオクよりリッター30円以上も安い軽油で走るディーゼル車が人気に! 日本のディーゼル市場は、今やマツダとBMWの2強時代でございます

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

ディーゼル車

ゴルフあたりのディーゼルモデルが日本市場に投入されると2強から3強になるかも。速くて安いディーゼルエンジンは最高!

◆日本はいつの間にかディーゼル天国!? 牽引する勇者2台を乗り比べてみました【後編】⇒【前編】はコチラ

 ところでBMWのディーゼルエンジンって、マツダのディーゼルと比べてどうなのか。比較のために、アクセラXD(307万円)を連れてきました。

 実はアクセラは、マツダのディーゼル勢の中では唯一苦戦中で、ディーゼルの販売比率はたったの1割。ガソリン車より最大130万円高いという超高級グレードにつき仕方ないか。CX-5やアテンザでは、ディーゼルが7割とのことです。

 MINIと比べると、マツダのディーゼルは低圧縮比が効いて断然静かだ。アイドリングストップもある。パワーも上だし、特に高回転まで回したときのフィーリングはレーシングカー対トラックっつー感じでマツダの圧勝! エンジンだけなら間違いなくマツダの勝利だ。

 しかしアクセラの場合、ディーゼルモデルは断然高いのでお買い得感がない。MINIクロスオーバーよりは安いけど、アクセラの1.5リッターガソリン車は170万円台から買えるから、それと比較するとキツすぎる。グレード設定をミスったかも。逆にBMWやMINIは、ガソリン車の値段が高いぶん、ディーゼルモデルのお得感が高いんだよね。

MINIクロスオーバー

1.6リッター98馬力のMINIワンクロスオーバー(275万円~)や、同じく1.6リッター122馬力のMINIクロスオーバー(308万円~)などのガソリンエンジンモデルは6速MTを選べるのに、ディーゼルエンジンは6速ATのみ

 結局、消費というのは、お買い得感が強烈に重要なので、それに関してはMINIクロスオーバーの圧勝でした。

【結論】
デミオの初期受注はディーゼルが63%。マツダ、BMWに続くのはどのメーカーか? 一度この加速と軽油の安さを知ってしまうと麻薬なので、日本市場でのディーゼル車の販売比率は、当分上昇を続けるだろう

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com
ハッシュタグ




おすすめ記事