恋愛・結婚

出会いの新潮流!? 「体臭合コン」を試してみたら意外と盛り上がった

 大流行した「街コン」ブームも最近では落ち着き、合コンシーンでは新たな潮流が続々誕生しているという。情報を制した者だけが合コンを制す。そんな言葉があるのかないのか定かではないが、“街コンブーム後の新常識を総ざらい”することは、合コンシーンでモテる秘訣となり得そうだ。

 合コンシーンで、より一歩先を行くために、新潮流を自分たちで作ってみるのも手である。ここでは、“体臭合コン”について紹介しよう。

 海外にはいわゆる「合コン」は存在しないが、婚活のためのマッチングパーティーやカップリングパーティーは頻繁に開催されており、その中には意表を突くものも結構ある。たとえば、オーストラリアでは高さ143mの橋の上で命綱を付けて、文字通りの「吊り橋理論」によって恋を芽生えさせる婚活イベントが開催されたことがある。また、フランスではショーウィンドウに並んだ男性から、気に入った人を選んでデートに連れ出せる「婚活ショップ」がオープンして話題になったとか。

これぞ合コンの新潮流!? “体臭合コン”を試してみたら意外と盛り上がった!

「酸っぱい臭いがする」と大不評だったのは、3人中1番のイケメンだった

 そんな中、アメリカで生まれたのが「フェロモン・パーティー」。参加者は、各自が持参した異性の「3日間着たTシャツ」の中から、自分の好みの匂いがするものに投票。一致したらカップル成立という、いわば「体臭合コン」なのだ。一説によると、人は自分と相性のいい遺伝子を持つ異性を体臭で嗅ぎ分けられるらしく、ロンドンや韓国でも開催されているという。

 そこで、日本でもこの「体臭合コン」は有効かどうか、実際にやってみた。とはいえ、初対面の女のコに「匂い嗅ぎたいから着用済みのTシャツ持ってきて」とはさすがに失礼だろうと、今回は男性陣のシャツだけを匂ってもらうことに。最初は「え~やだ~」と嫌がっていた女性陣も、「実験で証明された根拠のある方法らしいよ」と説明すると興味津々。

「私、意外と男の人の匂いフェチなんだよね」というコも現れて、意外にもワイワイ盛り上がりながら嗅いでくれた。結果、3人中2人の支持を集めた男が、「俺の匂いってそんなにイイ?」とまんざらでもない様子。その後の番号交換も、心なしかスムーズだった。今度から、合コンには一か八か、洗濯前のTシャツを持参してみてはいかがか。

 5/12発売の週刊SPA!に掲載されている『[大人の合コン](新)必勝ガイド』では、合コンシーンの新常識を11トピックス収録。また、「合コンでモテる男の新潮流は“ぬか漬け男子”」や「合コンで絶対聞かれる“質問あるある”の模範解答」も掲載しているだけでなく、最近“セカオザ”という新たな称号を得て大ブレイク中のスピードワゴン小沢氏による「合コンでのモテるトーク」もコンプリート。つまり、読むだけで絶対に「合コンでモテる」内容になっているため、購入してから家でなるべくこっそり&じっくり読むことをお勧めいたします! <取材・文・撮影/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!5/19号(5/12発売)

表紙の人/前田敦子

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事