雑学

もっとも蚊に刺されない「虫よけグッズ」はどれだ? スプレー式、アロマ系…

もっとも蚊に刺されない「虫よけグッズ」

いかにも蚊がいそうな茂みの近くを選び各製品1時間ずつ検証

 デング熱なども気になる季節。市販の虫除けグッズは果たしてどれほどの効果があるのか? 蚊の活動が活発になる夕暮れ時に公園で1時間立ちっぱなしになるという過酷な実験を約1週間かけて行った。

 まずは定番のスプレータイプを全身に噴射。「虫よけスプレーウォーターミスト」(アース製薬)も「虫コナーズPRO服にかける虫よけスプレークールタイプ」(大日本除虫菊)も、なんと1か所も刺されることなく1時間の実験を終えられた! 開始直後から周囲の蚊が飛び去っていくなど効果はてきめんであった。害虫防除技術研究所の白井良和氏も、「虫よけ効果が高い成分が含まれているので確実」と太鼓判を推す。

「特に『ウォーターミスト』に含まれる成分“デイート”には蚊が人を認識する能力を狂わせる効果があるので強力です」

 では虫よけに効果があるというユーカリ精油を含んでいるという「ユーカノンクールシート」(機能素材)はどうか。こちらも序盤から蚊を寄せつけず、実験終了直前に3か所ほど刺されただけで終わった。

「ユーカリ精油成分は蒸発しやすく、1時間程度がギリギリ」(同氏)というが、まめに拭けば良さそうだ。

 逆に効果が今ひとつだったのは「アロマの虫よけシール」(リンテックコマース)。ラベンダーの香りのシールを衣類に貼り付けるだけでOKというのだが、蚊に刺されっぱなしの地獄の1時間となった。

「ラベンダーに虫よけ効果があるのは事実。ただ、かなり濃度が濃いものでないと効果がなく、低濃度の製品ではあまり期待できません」(同氏)

 となると、こちらも効果は弱いのでは……と不安になりながら「アロマ蚊取り線香」(大日本除虫菊)を試してみると、予想に反して効果抜群。普通の蚊取り線香とほぼ変わらない力を発揮した。白井氏によれば、煙が虫を寄せつけないため、香りの有無に関わらず期待できるのだとか。ただ、そもそもアロマの香りはかなり弱めな感じがする。ならば普通の蚊取り線香でもいいのかも……。

 と、防虫グッズ以外も、夏ともなれば冷感・防臭などさまざまな「機能性グッズ」が活躍する季節だ。8/4発売の週刊SPA!『[夏の機能性製品]は本当に効くのか?』では、さまざまな機能性製品を科学的検証+ライター陣のカラダを張った実験で効果の検証を行っている。 <取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!8/11・18合併号(8/4発売)

表紙の人/ 山地まり

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!




おすすめ記事