エンタメ

なでしこ予備軍は呪文でパス回し!? ハリポタ最終作BD&DVDがついに発売

冨永愛,岩清水梓,小林弥生

(左から)冨永愛、岩清水梓、小林弥生

11月16日、10年続いた映画『ハリー・ポッター』シリーズの最終作、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』のブルーレイ&DVD発売記念記者発表会が英国大使館にて行われた。ゲストには、同作のファンであるというモデルの冨永愛、なでしこJAPANのメンバーで日テレ・べレーザ所属の岩清水梓選手、同チーム所属の小林弥生選手が登場。

⇒ 【画像】劇中の衣裳や小道具、英国大使館
http://nikkan-spa.jp/92114/harrypotter_00

岩手出身の岩清水選手は、東日本大震災の発生後に本作の出演者からの激励メッセージや義援金に感銘を受け、発表会への出席を決めたという。本作で描かれている友情の絆となでしこJAPANの絆を重ね、「チームがひとつになってできる見えない力があったから、強い相手にも勝てることができた」とコメント。つづけてロンドン五輪に向けても、「作品の舞台となっているイギリスにも、選手として行けるように練習をがんばります」と意気込みを語った。

小林弥生選手は、「練習の前後には、10代の若い子たちが呪文をかけ合いながらボールを蹴っています」と、日テレ・ベレーザでの本作の人気ぶりを明かした。パスを蹴る時に、「許されざる呪い」として人への使用が禁じられている呪文「クルーシオ」が人気だとか。小林選手は、呪文が覚えられず「クルーシメ!」と言っているそうだ。間違ってはいない(笑)。

6歳の息子と共に本作のファンである冨永愛は、本作への想いを熱く語った。「大丈夫かな私(笑)」と、テンションの上がりっぷりに、自らツッコむ場面も。「子どもたちに夢や勇気を与え、いろんなことを教えてくれる物語です。ぜひDVDを家で保管して観てください」とファン目線、母親目線でしっかりと作品をアピールしていた。

記者発表後のレセプションパーティでは、冨永愛がお気に入りの呪文「エクスペクト・パトローナム!」と乾杯の音頭をとり、会場を盛り上げた。

取材・文・撮影/林健太




おすすめ記事