「ラグジュアリー系相席バー」は持ち帰り率がナンバーワン 西麻布の事情通が断言する5つの理由

 遊び人が夜な夜な集う、東京一のチャラい街・西麻布。そんな“大人の歓楽街”で十年以上、ガールズバーや会員制ラウンジのフロアマネージャーとしてオトコとオンナの駆け引きを飲食店スタッフとして見続けた男がいる。西麻布タロー氏(仮名)だ。負け美女、キャバ嬢、プロ彼女、キラキラ素人……「“高嶺の花”の生態を日本一知る」と自負する西麻布タロー氏に、「今一番いいオンナとヤレる場所はどこか?」と問うと、返ってきたのは新業態のさらなる進化版だった。

「ラグジュアリー系相席バー」が一番ヤレる!西麻布事情通が断言する5つの理由

高級相席というネーミングとは裏腹に、費用対効果は抜群

* * *


 こんばんは、西麻布タローです。都内有名キャバクラグループに十年ほど勤務。その後、会員制ラウンジの責任者として西麻布に赴任して以来十年余り。その間、ダイニングバーやガールズバーなどを立上げ、現在は4店舗を運営管理しています。業界歴二十年の私がリアルでホットな夜の最新情報を現場からお届け。記念すべき第一回は、あまり知られていない「高級相席バー」についてお話しましょう。

 ご存じのように、[相席バー]とは、見知らぬ男女が一緒のテーブルについて、飲んだり食べたりと一期一会の出会いを楽しむ居酒屋・バー。男性客が女性客の飲食代をご馳走するのがルールとなっているところが主流です。

 近年でもっとも夜遊び業界を賑わせた相席居酒屋。ところがここに来て「ただ飯」につられてくる女性の質の悪さに、一時ほどの熱も冷め始めた感があります。そんな中、着実に客足を伸ばしているのが、アッパークラスを顧客ターゲットにした「ラグジュアリー系相席バー」。キャバクラやガールズラウンジが相も変わらず厳しい顧客獲得競争に四苦八苦しているのに対して、異次元の賑わいを見せています。その秘密をご紹介。納得の構図が浮かび上がります。

次ページ全業態ナンバーワンの持ち帰り率

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中