日本国憲法は“欠陥品”!? 中国人漫画家が語る「改憲勢力3分の2に期待すること」

 こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。今回、最新刊「中国が絶対に日本に勝てない理由」(扶桑社刊)が発売されるにあたり、短期集中ながら連載させていただくことになりました。第一回の今回のテーマは「参院選で改憲勢力3分の2が占める」を、中国人漫画家の僕がどう見るか、です。

 2016年7月10日に行われた第24回参議院総選挙の結果、衆参両議院ともに改憲勢力が2/3以上を占める結果となったことを受け、現在、憲法改正の必要性が各地で取りざたされています。中国の民主化を望む僕は、毎日テレビやネットのニュースを閲覧して、日本の民主的な政治体制を学んでいます。

 今回、民進党をはじめとする各野党が「護憲」を掲げて選挙に取り組んだにもかかわらず、与党が圧勝したのは、現在の日本は改憲を望む層が多数派という証拠だと思います。しかし投票で明確な結果が表れている中、メディアで報道される憲法改正の世論調査を視聴するたびに違和感が生じます。

 NHKが行った世論調査によると、「憲法改正が必要」と答えた人の割合は、2007年度は41%と「必要ない」と答えた人の割合(24%)を大きく上回っていたにもかかわらず、2016年5月に行われた調査では「必要ない」(31%)が「必要」(27%)を上回ったという結果が発表されたのです。対中関係の悪化などから、2007年度と比較すると、より憲法改正の必要性が高まっている中、このような結果が出たのは、世間の風潮と乖離していると感じました。

 今回の世論調査は「どちらともいえない」と答えた人数が最多数(38%)だったようです。これは僕の憶測に過ぎませんが、今回の世論調査はNHK側が人々の意識を護憲派に誘導するために、「将来的に改正すべき」「憲法のごく一部を変えるべき」などといった回答を全て「どちらともいえない」に組み込んでしまったのではないでしょうか。僕は前々から日本の大多数のメディアは左派・リベラル的な傾向があると思っているのですが、公共放送であるNHKにも当てはまるようです。僕は中立的な報道体制をメディアに求めます。

次ページ中国人の僕が憲法9条を削除すべきと考える理由

中国が絶対に日本に勝てない理由

中国人だからこそ、知り得た日本の素晴らしさを、マンガでわかりやすく解説!

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中