“TENGAを愛する男たち”10人の1泊2日ツアーに密着――BBQにキャンプファイヤーの熱い夜

 TENGAを愛する男たちの集い――そう聞いて何やら怪しい雰囲気を想像する人も多いだろう。11月12~13日、群馬県のキャンプ&BBQ施設・星の降る森で、TENGA主催の1泊2日ツアー「HOT FOREST CAMP TOUR」が開催された。

HOT FOREST CAMP TOUR

キャンプファイヤーでは、一般の方々とも“熱く”語り合ったツアー参加者たち

 ツアーの参加者とアテンドスタッフは男性のみ、交通費を含めた旅費も全額負担の大盤振る舞い。10数名でバスを貸し切り、道中では「HOTづくし」の体験が用意された。まずは温泉で汗を流し、キャンプ場に到着すると、参加者で料理を作り、キャンプファイヤーを囲み、男同士で“熱く”語り合うという内容だ。

HOT FOREST CAMP TOUR 今回のツアーに参加したのは、札幌、仙台、東京、名古屋、神戸など日本全国から集合した“TENGAを愛する”10人の男たち。9月8日から季節限定で登場した「HOT TENGA」の発売を記念したキャンペーンで、ハガキ応募の当選者7名、Twitter応募の当選者3名の合計10名が参加。ケンドーコバヤシがDJ、紗倉まながアシスタントを務める「TENGA茶屋」のラジオフリークから、自ら作詞作曲したTENGAの歌を披露する者まで、選ばれし“10人の侍”の熱い夜に密着した。

HOT FOREST CAMP TOUR 道中で群馬県の温泉を堪能し、キャンプ場に到着すると、バーベキューを愛する日本で唯一のBBQ芸人・たけだバーベキューさんと合流。特製のベンチコートを羽織った赤い集団はBBQガーデンへ移動し、カレー班、ライス班、焚き火班といった役割を分担。たけだバーベキューさんと共に料理の準備を進めていった。

HOT FOREST CAMP TOUR

たけだバーベキューさんは、豪快なバーベキューレシピを披露する一方、誰でも簡単におしゃれで盛り上がるバーベキューレシピも提案し、BBQを通してのコミュニケーションを広げる活動をしている。現在は、雑誌や本・舞台・テレビ・ネットコンテンツ・イベントなど多方面で活躍中

 小学校の自然教室さながらに互いに協力し合い、参加者10人で作った絶品のカレーライスを食べ終わると、ここからはたけだバーベキューさんによるBBQの本格“ディナーショー”へ。牛肉や鶏肉を使った料理から、野菜スティックのバーニャカウダ、旬の秋刀魚、ラムチョップ、半熟玉子入りの焼きそばまで、複数のグリルを使って時間をうまく配分し、我々を飽きさせることなく次々と料理が提供され満腹に。もはや「エンターテインメント」と称すべきバーベキューだ。

 披露されたスキルの多くがBBQ初心者にはなかなか真似できないものばかりで圧倒されたが、「シイタケは裏返して、片面だけを水分が出てくるまで焼くと美味しく食べられる」というコツは誰でも実践できるはず。バーベキューと言えば、ひとつのグリルで順番に食材を焼いていって、そこそこの味の料理を楽しむ経験しかなかった記者にとって、バーベキュー観が180度も転換する体験となった。参加者たちも皆、たけだバーベキューさんのショーに魅了されたことだろう。

HOT FOREST CAMP TOUR そして初日のラストを飾ったのは、参加者全員でキャンプファイヤーを囲み、たけだバーベキューさんを交えて男同士で”熱く”語り合うというもの。


 大満足のバーベキューを終えた頃には、同じキャンプ施設に宿泊する一般の方たちも集まり始め、ツアー参加者たちと歓談する場面も。TENGAを愛しすぎるあまり、TENGAの歌を作ってしまった参加者の一人・ウクレレ原田さんは、キャンプファイヤーを前に自身とTENGAの思い出を赤裸々に綴った曲を披露。11月の寒空の下、参加者同士の連帯感は少しずつ高まっているようだった。

HOT FOREST CAMP TOUR キャンプファイヤーが終わってログコテージに戻っても、参加者たちの熱い夜は終わらなかった。お酒やコーヒーを飲みながらの熱いトーク。この日は快晴で、外へ出てみると澄んだ夜空に大きな月とオリオン座が見える。一般の方たちとトランプで遊んで交流した参加者もいたようだ。時計の針は0時を回っていた。

HOT FOREST CAMP TOUR

1日目の熱い夜を終え、たけだバーベキューさんを囲んで記念撮影

 翌朝、目覚めてすぐにもHOTな体験が待っていた。朝食に「辛ラーメン」を食べて心もカラダも目覚めさせると、帰り支度へ。東京への帰路には、最後のHOTな体験として、全長50センチメートルものソーセージを挟んだ巨大ホットドックで有名な埼玉県の「サブマリン」で昼食を。1泊2日のキャンプツアーも終盤にさしかかった頃には、出会ったばかりの男たちへの名残惜しさが感じられた。

HOT FOREST CAMP TOUR 年齢も出身もバラバラの初対面の男たち。共通言語はTENGAのみ。同じ好きなものを持つ男同士の一期一会には、こんなにも互いに共鳴できるものがあるものか。快晴の天気と過ごしやすい気温、参加者にも恵まれ、今回は取材として同行した記者だが、充実した2日間となった。「TENGAを愛する」たったひとつの共通点を持った参加者たちの宴が、いつかまた開催される日を願ってやまない。

<取材・文・撮影/北村篤裕>

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中