婚活女子が言う「フツーの男」は平均以上のスペック

西口 敦氏

西口 敦氏

 時折、耳にする「フツーの男性でいいのに、出会いがない」という女性の弁。普通の男を自認する身には、その「フツーの男性」像がクセモノなわけだが、彼女たちが言う「フツーの男」ってどういう男なのか? クリティカル・シンキングの視点で婚活を分析した『普通のダンナがなぜ見つからない?』の著者・西口敦氏に聞いた。

「彼女たちの言うフツーは、言ってみれば『平均以上』。『普通の年収』は自分の1.5~2倍、500万~600万円といった水準で、『普通の学歴』は大卒で偏差値55以上。『普通の身長』は『私がヒールを履いても少し高いくらい』だったりします。他にも『フツーでいい』条件はいくつもあり、問題はこれらをすべて満たさなくてはならないこと。仮にそれぞれの普通の確率を50%とすると、すべてを同時に満たす人は100人に1人もいませんよ」

 一見、謙虚そうな“普通でいい”に見え隠れする女性の高望み。

「でも、彼女たちは思い上がってるわけではないんです。むしろ、何も考えていないだけ。自分がどんな男性と結婚したいのか具体的に考えるのが面倒で、『普通』という言葉にすべてを委ねている。『フツーの男性』と言われても、紹介のしようがありません。自覚がないから、具体的な行動には移せず、受け身のワナに陥り、出会いを逃すわけです」

 西口氏が指摘するのは、「『普通』という言葉は思考停止ワードのひとつ」だということ。

「同質社会なら『普通』という言葉は共感を高める効果がありますが、今の時代、普通の前提をすり合わせないと議論は先に進まない。それは、婚活だけの話ではない」

 ついつい便利に使ってしまう「フツー」という言葉。その普通の定義をちょっと考えてみようか。

【西口 敦氏】
経営戦略、経営者育成支援を専門とする経営コンサルタント。BCGやATカーニーなどを経て、結婚情報サービス「オーネット」で経営企画などの責任者を務めた経験を生かし、婚活ビジネスについての講演も行う

取材・文/加藤カジカ 田村竜馬 田山奈津子 志賀むつみ 古澤誠一郎 イラスト/こまつめ組
― そのフツーは「普通」なのか?【11】 ―

普通のダンナがなぜ見つからない?

結婚ビジネス最前線の元戦略コンサルタントが数字と現実を見据えて教える、目からウロコの婚活術

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中