独身貴族が語る「独身で幸せ/つらい」と感じるとき

◆この先、独身貴族になるか、結婚難民化するか。それが問題だ!

「俺、一生独身かも……」

 ふと、そんな不安や焦燥感に駆られたことはないだろうか。

独身貴族 総務省が発表した「国勢調査」最新版(’10年)によると、’80年からの30年間で男性の生涯未婚率が約7.7倍と大幅に増加、2割を超えたという。しかも、35歳で未婚の男性が5年後に結婚できる確率はわずか1割。これはもはや、アラフォー独身がマイノリティではなくなった、ともいえよう。

 そこで今回、SPA!では「結婚願望がない」と答えた30代・40代の男性200人(各100人ずつ)にアンケートを実施した。

「独身であることに幸せを感じるとき」という質問に対して、「休日を自由に使える」(70.5%)、「稼いだお金を自由に使える」(62.5%)、「精神的に楽」(57.5%)と独身ならではの自由度を支持する声が多く上がった。その一方で、「独身でいることで『つらい』『わびしい』と感じるとき」という質問に対して、「老後が不安」(35.5%)、「病気で寝込んだとき」(27%)という面も。果たして、独身貴族という生き方は本当に悠々自適なのか。

⇒【アンケート結果】『独身であることに幸せを感じるとき』詳細はコチラ
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=523846


独身貴族◆アンケート結果から見えてきた“僕らが結婚しない理由”とは?

 結婚願望ナシ、“生涯独身”の覚悟を決める独身貴族たち。彼らは一体なぜ、結婚を望まないのだろうか。なかには「相手がいないしできそうもない」(34歳・ライター)のような身もふたもない意見もあるが、大半が「束縛されたくない」(38歳・SE)、「独身だと時間もお金も自分の好きなように使える」(42歳・事務)のように結婚によって自由が制限されることを嫌がっているようだ。

独身貴族 また、「両親が離婚しており、その影響で結婚に対して前向きになれない」(36歳・派遣社員)のように親の影響で結婚生活そのものにネガティブなイメージを抱いている人も多かった。「昔は結婚願望が強かった。でも、既婚者の同僚から結婚生活の話を聞いてドン引き。とてもじゃないけれど結婚したいとは思えない」(35歳・事務)と、周囲を見て結婚生活の魅力を感じなくなったという人も。

 このほか、「浮気をされたことがあり、女性を信用できない」(41歳・営業)など、女性不信が原因で独身貴族……という人もいる。これは、過去に結婚を考えたことがあるものの、踏み切れなかった人の理由としても目立った回答。ほかにも、「婚約もしたのに相手から一方的に破談にされた」(39歳・営業)、「彼女に『あなたとの結婚生活が想像できない』と言われた」(41歳・ドライバー)など、こうした悲惨な経験が多くの男を独身貴族へと導くのだ。

 ならば、結婚生活への憧れはないのだろうか。多くの人が「独身ってツライ」と感じるのは、やはり病気や怪我のとき。「食中毒になったときは本当にツラかった。のた打ち回っていたら気がつけば夕方で、会社を無断欠勤になってめちゃめちゃ怒られたし……」(43歳・営業)なんて、まさにその典型。嫁がいたら、看病に加えて会社への連絡もしてもらえたはず。また、「部屋が散らかっても自分で片づけるしかないとき」(38歳・SE)、「結婚式に行くと幸福感に満ち溢れていて見せつけられるようでツライ」(42歳・営業)のような回答もあった。

⇒【アンケート結果】『独身で「つらい」「わびしい」と感じるとき』詳細はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=523847

独身貴族

独身で「幸せを感じるとき」のアンケートの割合に比べ、「『つらい』『わびしい』と感じるとき」への回答がさほど多くないのが、“独身を希望する”男性ならでは。寂しさ、将来への不安よりも煩わしくないほうを選んでいるということか

 が、いずれもひと時の寂しさだったり、ひとりでも頑張ればなんとかなるもの。独身貴族を謳歌するためには、甘受しなければならないものばかりだ。みんなこうした寂しさやツラさをと引き換えに、自由気ままな独身ライフを楽しんでいるのだ。

※写真はイメージです
― 実録[独身貴族]の理想と現実【1】 ―

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!

「情報を消さずにスマホ売却」「バックアップし忘れ」「社内情報を誤送信」etc. スマホのビジネストラブルが拡大中!
sponsored
 今年7月に発表された総務省の「平成27年通信利用動向調査」によると、スマートフォン(スマホ)を保有している個人の割合(普及率)が、はじめて50%を超…

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中