吉高由里子「’88年生まれは黄金感のある世代かな」

吉高由里子 かつては蜷川幸雄監督による映画『蛇にピアス』で、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。現在は、NHKの朝ドラ『花子とアン』で主役・村岡花子(安東はな)役を務めるなど日本有数の女優に成長した吉高由里子。そんな彼女が7月22日に向かえる26歳の誕生日を前にし、同じく’88年に創刊したSPA!に同世代について語った。

――SPA!と同じ年の吉高さんに、まずは世代論をお聞きできればと。

吉高:SPA!も私も、意外と長生きできるもんですね。ほっといても生きていけるもんなんだってね(笑)。世代論で言えば、たしかに’88年生まれは、いろいろ言われると思います。ゆとり世代にさとり世代、黄金世代とかも。同世代の人には黄金っぽくてキラキラした方がいっぱいいるし、ゆとりださとりだって感覚は自分の中にもあります。まさに、ゆとり世代だし、さとり世代だよなぁって。世代の違いってやっぱりありますから。たとえば、バブルの頃って、タクシーの運転手さんに1万円札を見せて捕まえたんですよね?

――らしいですね。近距離客じゃないぞってアピールのために。

吉高:もしかしたら、そんなイケイケな感じの時代を生きながら「なんだよそれ? くだらねぇ!」なんて冷めてた人もいたとは思うんですね。でも、たとえ共感できてなくても、そういう景色を見てるのとそうじゃないのとでは全然違うと思う。たぶん、バブルの時代を生きた人って、よくも悪くも後先を考えていなくて前向きだったと思うんです。けど私たちは、バブルが崩壊して、少子化問題が叫ばれ、消費税も上がりとネガティブ方向ばっかにずっと引っ張られていて。だからこそ、このままじゃいけないとみんなが静かに思っている感じがします。なんて言うんだろう。向上心はある。でも、バブルの頃のように後先考えずというふうにはどうしてもなれない。失敗したくない。だから、向上心が軌道に乗るタイミングを計ってんのかなぁとも思うんですけど。

※6/3発売の週刊SPA!「エッジな人々」では、吉高由里子さんのさらなるロングインタビューを掲載中。そこで語られる女優としての立ち位置、そして、彼女が経験した最大のピンチとは?

<取材・文/唐澤和也 撮影/齋藤清貴>

週刊SPA!6/10号(6/3発売)

表紙の人/吉高由里子

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中