松屋・吉野家・すき家、牛丼の味の違い…わかる?

 一人暮らしや忙しいサラリーマンなら、誰もがお世話になったことがある牛丼チェーン店。どこに行くか、という決め手は人それぞれだろうが、味の違いに注目したことはあるだろうか? また、7月には松屋から「プレミアム牛丼」という普通の牛丼より100円ほど高い牛丼が登場した。本当にうまいのか?

 個人の味覚よりも正しい数値を出すべく、味覚の研究をしている「AISSY」の鈴木隆一氏に、味センサーを使って味の分析をしてもらうことに。松屋牛めし、松屋プレミアム牛めし、すき家、吉野家の4つの牛丼を測定。

 結果は以下の通り。

⇒【調査結果の詳細】はコチラ
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=705327


牛丼各社:旨味と甘味のポジショニング

松屋はプレミアムになって旨味がぐんと増した

「旨味と甘味のポジショニングで見てみると、松屋のプレミアム牛めしがもっとも旨味が強いことがわかります。同社で比べてみてもおいしく感じるわけですね。松屋の普通の牛めしは塩味がやや強いのが、やや緩和されています。また、甘みが強いのが吉野家、バランスがいいのがすき家ですね」(鈴木氏)

 人間の味覚には、甘味、塩味、苦味、酸味、旨味と5つのセンサーがある。3社4品を比べてみても、それぞれに特色があるのが伺える。

牛丼:旨味とコク比較

旨味とコクの比較

「旨味とコクを比較してみると、コクと旨味、両方で高い値を示しているのが、松屋プレミアム牛丼という結果になりました。価格競争に焦点が当たってきたなか、味にこだわりをという原点回帰なのかもしれません。」

価格とカロリーの違い

ちなみに価格とカロリーの違いがこちら(容量は店舗による)

 やや高価になったプレミアムな価値があってよかった。そして、味覚は人それぞれだが、改めて食べ比べてみて、自分の好みの牛丼チェーンを再確認してみるのもおもしろいかもしれない。

<取材協力/AISSY 構成/日刊SPA!編集部>

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中