トライアウトは「声がかからずとも当然…」、記者が感じた“変わりつつある空気”【2014】

 戦力外通告を受けた選手が、再雇用を目指すアピールの場として行われる「日本プロ野球12球団合同トライアウトin静岡」が9日、静岡・草薙球場で行われた。

 2年連続で草薙球場で行われたトライアウトだが、まさかの2年連続の雨天。昨年は午後から雨が降り出し、非公開での室内練習場での実施(http://nikkan-spa.jp/535999)となったが、今年は記者が静岡に着いた朝9時の時点で雨。のっけから「室内練習場で非公開でのトライアウト」が観客・選手・関係者に通告されていた。

「日本プロ野球12球団合同トライアウトin静岡」の様子(1)

神妙な雰囲気のなか、注意事項を聞く59人の参加選手たち

◆落合GM、高田GM、ラミちゃんも

 非公開と通達後も、諦めきれない観客約500名が室内練習場をぐるりと取り囲むなか、集まった選手は59名(投手34名、野手25名)。昨年同様視察に訪れた、中日ドラゴンズ・落合博満GMや、DeNAベイスターズ・高田繁GM、今季限りで現役を引退、来季から独立リーグ・群馬のシニアディレクター(SD)に就任したアレックス・ラミレス氏や、NPB、独立リーグ、社会人野球の編成担当、メジャーリーグのスカウトたちが目を光らせる独特の雰囲気のなか選手たちのアップが始まった。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=745352

 室内練習場ですし詰め状態のなかでの開始を告げられるかと思った瞬間、雨が止み、その後の関係者の懸命の努力のかいあり、30分遅れで本球場での開催が決定した。

DeNAのベテラン、37歳の藤井秀悟投手が登場すると、大きな拍手が

 中日の「ブーちゃん」こと中田亮二内野手(27歳)がいきなりライトへホームランを放つと、辛抱強く待ち続けた観客は拍手喝采。DeNAを解雇となったベテラン藤井秀悟投手(37歳)がマウンドに上がり奮闘する姿や、元巨人のエースでオリックスを解雇となった東野峻投手(28歳)がミットを打つ145kmの速球には拍手が贈られた。

◆「高田ァ!? こんなにいい投手じゃないかよ!」飛ぶヤジに苦笑

 その後も元西武で現独立リーグ所属の星秀和外野手(27歳)、日本ハム・尾崎匡哉捕手(30歳)、阪神・森田一成内野手(25歳)の豪快なホームランが出るたび観客は沸く。

 日ハム・村田和哉外野手(29歳)の見事な背走してのライナーキャッチや、星の内野ゴロでの1塁ヘッドスライディングなど「これぞプロ」といったプレーや気迫を感じるプレーには、どっと観客が沸いた。

 また、DeNAを解雇になった陳冠宇投手(24)が打者4人を完璧に料理すると、「高田ァ!? こんなにいい投手じゃないかよォ!」と視察しているDeNA高田GMを揶揄するようなヤジが飛び、観客は苦笑するひと幕も。

◆本来の目的からは離れつつある!?

 天候の回復とともに、観客席は家族連れなどで埋まった。弁当や生ビールが売られ、グラウンドでの緊迫した「勝負」とは裏腹に、スタンドにはのんびりとした雰囲気が漂ってきた。

「日本プロ野球12球団合同トライアウトin静岡」の様子(5)

陽気も手伝ってか、午後はのんびりとしたムードに

 関係者エリアでは、登板を終えた投手のコメントを取ろうと記者たちが右往左往。また密着番組だろうか、テレビカメラが選手を追随していた。

 登板前の投手が投球練習をする、観客非公開のブルペン前には、記者には見えぬ女性や若い男性が、じっとある投手の投球を見守っていた。記者や関係者と同様に首からパスを下げていたのだが、そこには「選手家族」と書かれていた。神妙かつ、祈るように投球を見守るその横顔はファンのものとはまったく違い、悲壮感が漂っていた。

 同様に、スタンドや関係者エリアには多くの「選手家族」が見られた。テレビカメラに密着されている家族、じっと見つめる家族。写真を撮り続ける家族。パスを下げられ、可視化されることで、いやがおうにも注目を集めてしまう。とある関係者は、「選手にとってユニフォーム姿は最後かもしれない。トライアウトはそうした選手や家族にとって“引退試合”と化している面も否めない」と語っていた。

 また別の球団関係者は「観客非公開で行われていた数年前は、なんとか食いつなごうと必死にもがく選手の姿が見られた。今はなんだか淡々としていて、他球団から声がかからずとも当然という空気に満ちあふれている」と“空気の変化”を察していた。

 事実、全ての“勝負”が終わる前に退散する球団関係者も見られたり、「正直、収穫はなし」とコメントを求める記者にささやく編成担当者もいたという。

 そのなかで2年連続で視察した中日・落合GMは「きょうは何も言えないけど、いい選手はいっぱいいたよ」と繰り返し実施の意義を評した。昨年は「ここは宝の山」と述べ、ロッテを戦力外になった33歳のベテラン外野手・工藤を獲得した実績もある。DeNAの高田GMも「興味ある選手はいる」と獲得の意思があることを表明したが……。

独立リーグのSDに就任したラミレス氏

独立リーグのSDに就任したラミレス氏。「いい選手は何人かいた。もし彼らを獲得したらNPB入りを後押ししたい」と語った

「再契約をする選手はトライアウト前に決まっている」と囁かれ「トライアウト参加しない男たち」なる記事が話題になるご時世。トライアウトはその意味を変えてきているのかもしれない……。それを感じた1日だった。

「日本プロ野球12球団合同トライアウトin静岡」の様子(6)

トライアウトを終え、帰途につく選手たちにカメラの放列が

取材・文・撮影/遠藤修哉(本誌)

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中