日テレの女子アナ内定取消騒動「正直者はバカを見る?」

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その44 ―


 日テレは今回の、笹崎里菜さんの内定取り消し騒動で、自ら墓穴を掘ったような気がしてならない。事の経緯を見る限り、幾らでも未然に防げた話なのだ。簡単な流れはこうだ。内定が出てから「後で世の中に出るとまずいようなことしてないか」みたいな質問をされ「実は母親の知り合いのクラブで少しバイトしてて」みたいな返答をし、そこから何度もやりとりをして、最終的には内定取り消しとなっている。これに納得のいかない笹崎さん側が、内定取り消しの取り消しを求めて、裁判で係争中だ。

内定取り消し問題で揺れる日本テレビ

内定取り消し問題で揺れる日本テレビ(Nippon Television Network Kojimachi Studio / Dick Thomas Johnson)

 笹崎さんも、性格的には天然ちゃ天然だよね。そんな質問をされたら「あるわけないじゃないですか」で、終わらせるべきでしょ。バカ正直に、自ら電話をして相談を持ちかけているんだから、多分ほんといいコだと思う。すくすく育って、人に対して疑いとか持たずに、生きて来たんですな。

 対応のまずいのは日テレ側だよね。まず「事前に言っておくべきことはないか?」「出たらまずい写真や情報はないか?」と、日テレ側は、聞いて来たが、すでに内定は出ているのだから、入社を前提に非公式な打診として聞いたわけだ。

 聞かれた方も、すでに入社が決まってから出した情報で、入社が覆るとは思ってないから、安心して夜のバイトの話を持ち出した。そこでの理想の対応はこうだろう。普通は「聞かなかったことにする。後はキミの運に任せる」と言えば、自分にも責任が被らないし、実は取りたかった人材なんだから、取れば良かったんだよ。それが上司に告げ口してさ。

 最初の最初は、担当者だけの話にする予定だったが、たぶんサラリーマンの性だろう。つい責任逃れで上に言ってしまった。話を受けた上層部では、銀座のクラブって言葉が一人歩きし、米倉涼子がママをやってるイメージで話を勝手に盛ってしまったのか。パニック状態、もうダメだと判断したんでしょう。

 個人的には笹崎さんの大応援だよ。偉いよね、就職学生が大企業を訴えるなんてさ。これはもう、いっそフリーに転身してアナウンサーをやり、日テレ以外で、出まくるのが、いいんじゃないか。今となっては、こんないいコの、首を切ったの誰だになっている気がしてならない。

 そんなわけで、夜の六本木の事情はどうなっているのか? 実は局アナや芸能人が、デビュー前に働いていましたっていう店が結構ある。六本木にAという、芸能界、モデル界の登竜門的な店がある。あと西麻布界隈の幾つかの会員制ラウンジ。ここなら来るメンバーが決まっているので、情報が外に漏れる心配はないのだ。

 そのAという店。過去に1回行ったことがある。Aはキャバ嬢の側の厳しい面接もあるが、お客さん側の面接も厳しく行っている。もちろん私なんか入会できるわけもなく、連れてってもらったクチだ。

 店は高級クラブというか、高級ラウンジ風で、女の子は当初、レースクイーンやモデルの卵も多かったが、今は芸能志望が沢山いる。局アナ志望者は、基本就職活動をするから多くないが、いないことはない。なんでそんなに、いい女が集まるか。それは口が固いからだ。名刺を貰って、役職をしっかり調べて、面接しているから、客も逃げようがない。店で起きた情報は外に流さない約束もさせられるし。

木村和久

木村和久

 今後、就職活動において、アルバイト歴は申告義務にしない方がいい。昔K大学の幼稚舎に、AVの巨匠、M西監督の御子息が入られた。当時は人物本位で、親の職業は不問だった。受かった御子息は、その後、入学取り消しになってない。実に太っ腹な学校じゃないか。けどこの出来事以降、親の職業を精査することになったらしいけどね。この話も一応都市伝説ということで。それに引き替え、日テレは、ほんと度量が狭いこと。今からでも遅くないから、入社を認めてあげればいいのに。

■木村和久(きむらかずひさ)■
トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中